スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿毎氏は・・いずこへ?






 ま~・・西暦700年頃に日本っちゅう国はようやくひとつの国っぽくなった訳だけんど、戦いを常にやってるような状況でね・・それ以前もそれ以後も・・だすな。ようやっと終わったのがついこの間・・1945年っちゅうことでんな~。長~い長~い戦争の歴史だったのねん・・ま~どうもこの頃は右側に首が向いたまんま戻らん方がトップにおるもんで、だんだんきな臭くなって住み辛い世の中になってきたよ~に感じるのかもしれんね~。ただし、確実に日本人は標的になってしまった感は有るよね~。だから今までは、ちょいと外国に旅行でも・・とか、ボーダーレスで情報は得放題だからグローバルに行動しよ~とか・・・もう安易には出来ないようになってきてるのかもしらんね~。ボーダーレスで情報は得放題っちゅうことは、それを悪用したいお方にも「やり放題」で「ツツヌケ」っちゅうことなのねんからね~!


「私は日本人、だからテロ関係ね~っす!」
「国防?・・米国にお任せっす!きっと助けてくれまっす!」


 確かにどっちも「甘~い!」ことではあるのねんな~。・・日和見主義としちゃ~、かなりツライところなのねん・・。日本国も米国も結局助けてくれんのんが日本人ではあるのねんな・・・。ま、実際は助けんどころじゃないのねんけんどもね~。



 ところでね・・・そんな西暦700年頃のことを散々書いては来たけんども、あのアメタリシヒコの阿毎氏は、一体どこに行ったんだろうね~?西暦600年には、倭の王はアメタリシヒコ、オオキミと号し、妻はキミ、太子はワカミタフリと名付く・・・っちゅうのんが一般的な解釈かと思うのねんけんどもね~。



 ま、阿毎氏は「天」のアマだから、天皇さんっちゅうのんが一般的な理解だとは思うけんども、アメタリシヒコの時代は推古天皇さんで女帝とされてる訳だからね・・・ど~やっても、王がオオキミ、妻がキミから言えば、

「そりゃぁ違うっしょ!」

としか言えないのねんな~。


 だから、記紀が描いたのは「小国の日本」であって、「倭」では無いっちゅうことになるのねん。


 だけんども、記紀は、

「中国に対する言い訳の書」


なもんでね。倭国の倭王に封ぜられてたのに、百済(南扶余)を再興するためにまともに正面から戦って大敗しちゃったもんで、倭国を継ぐためには・・


「隠し事をして辻褄を合わせる必要が有った!」

ことは判るよね~・・・。



 まぁ、ファシレのおじさんとしても結論を出す前に、出来りゃ高次から情報を得たかったのねんけんど、いつまで経ってもハッキリせんのんで~・・。桓武天皇さんの頃・・・西暦780年前後からのことは、もうハッキリしとるのねんけんどもね~。辛いところなのねん。


 とりあえずじゃぁ、記紀が隠したかったことって・・何だと思うかな~?もちろんだけんど、その相手は中国(唐)・・なのねんよ。判るよね~?


 そう・・・「阿毎氏の系図」だしょ?・・そりゃぁ、唐にたてついた張本人とその子孫のことなのねん。倭王の阿毎氏を処罰せにゃ~、唐の面目が立たんのねんからね~。で、おそらく女帝の斉明天皇さんが西暦668年、白村江の戦いの6年後に、新羅に出頭してるのねん。

 その辺のことは「さらに可哀想な斉明さん・・・」に書いてるのんで、読んでみてくなんせ~。


 つまり、阿麻来服・・・阿毎(氏・国?)が新羅に出頭して来て降伏したのんで、手下を唐に行かせたと。そしたら1人は帰って来ず、1人は戻ったと。そして「もう女はいらん!連れてくるな!」と言われた・・・っちゅう話しでんな。新羅本紀にそ~書いてあるっちゅうことでんな~。

 ついでにその手下の2人っちゅうのんは、降伏した高句麗の高官だったのねんな~。ま~・・・「女」っちゅうところが味噌なのねん。


 だから、一応阿麻氏は降伏したことになってるのねん。降伏した阿麻さんのその後のことは書かれて無いのねんけんど、新羅がそのまま匿ったか、唐に連れて行かれたか・・判らんのねん。


 そんで、斉明天皇さんの息子っちゅうことになってる天智天皇さんは、都を大津に移したのねんな~。で、いつの間にかいなくなったとか、病気になって亡くなられたとかで、たった4年後にそ~なられたのねん・・。


 で、天智天皇さんの息子さんっちゅうことになってる弘文天皇さんに至っては大津でいいとこ6ケ月でね・・・壬申の乱で亡くなられて・・・これまた天智天皇さんの弟っちゅうことになってる天武天皇さんが勝って即位されたことになってるのねん。


 これが紀の書いた西暦670~680年頃のことなのねん。つまり、「阿毎氏」は何とか続いてるだけ・・・っちゅうことでんな。でもここは見せ掛けでね~・・・。唐は「阿毎氏=天皇家」じゃないことを知ってるからね~。


 旧唐書の日本国伝に、

「小国であった日本が倭国を併合した」

ってね・・ちゃんと書いてあるのねん。


 でもね・・・本当はどうなのか、阿毎氏=天皇家なのか、そうじゃないのか・・・疑問があるよねん?・・大体にして、西暦600年のアメタラシヒコは男だからね~。これは唐書に書いてあることなんでね・・記紀には書いてないのねんよ。・・っつ~ことは・・


「やっぱり阿毎氏は姿を変えて存続した?!」


っちゅう可能性があることにならんかの~?


 じゃぁ・・もしそうなら、一体誰に姿を変えたのかっちゅうことでんな・・。ちょっと検証してみよっか~?


 その時代の実力者を考えてみようっかねん・・。もちろん、天皇家さんは除外よん・・。中では誰でも知ってる「蘇我氏」はどうなったかっちゅうと、

「蘇我氏は西暦600年代前半に宗家の蝦夷・入鹿さん親子が後の天智天皇・藤原鎌足に殺され没落」
したのねんな~・・・。大臣の家系だったのに・・残念・・

 続くのはやっぱり「物部氏」でっか~?・・そりゃぁ知ってるよねん?

「物部氏は宗家の守屋さんが蘇我氏と聖徳太子に討たれて没落」
したのねんな~・・・。大連の家系だったのに・・残念・・


 他にも大連を務めた大族の大伴氏もおるけんども、こちらは西暦500年代にだいぶ力を削がれたのねんな~。だけんどしっかり残ってるけんどもね~。

 後は「阿部氏」かな~・・・。実はこちらはちゃんと残っててね~。阿倍鳥子臣さん、阿倍御主人さん、阿倍比羅夫さんが西暦600年代に活躍したのねん。以前のブログでも書いたけんども、

「阿倍鳥子はアベタリシ、アメテラス?」

 みたいなね~・・。かなりそ~見える名前なのねんな~。

 ま、そんな具合でね・・600年代は阿部氏位しか力を持ってないのねんよ。でも、阿倍比羅夫さんは白村江の戦いに参加してるからね~。


ある氏族が出てくる前に都合良く蘇我氏、物部氏っちゅう豪族が没落してる
のねんな。


 でね・・・そんな実力の有る氏が没落してく中で、ある氏が彗星のごとく現れてね・・・あっと言う間に出世して右大臣になっちゃってね~!そうそうそう・・・それが不比等ちゃんなのねんよ~。


 中臣宗家出身(とされる)の不比等ちゃんは、壬申の乱で中臣氏が近江朝側、弘文天皇さん側に付いたもんでね・・・、勝った天武天皇さんから見りゃぁ敵側なのにね~・・・何故か罰せられずね・・・天武天皇さんが亡くなられた後の天皇さん、持統天皇さん・・・天武さんの皇后さんだったお方なのねんが、大抜擢でね~。実力を認められたとかで凄い出世をしたのねん。


 おまけに父親の「鎌足さん」が天智天皇さんからいただいた「藤原姓」を独占しちゃってね~。因みに持統天皇さんから三代に渡っての宮だったのが「藤原宮」・・・一般的には「藤原京」でんな~・・・

藤原京でっせ~?


 臣下の姓の名が付いたお宮でっせ~?・・西暦690年(持統4年)に着工されたことになっとったのねんけんど、発掘調査で西暦676年(天武5年)に着工されたことが判ってるのねんよ。着工が天武5年って・・・それ以前にはもう現地調査とか設計とか材料集めとかしてるのねんで~?


「・・・天武さんと藤原さん、つまり中臣さんは敵同士だったのちゃう?


 さ~・・・どうなっちゃうのねんな~?・・実力者がどんどん殺し合いをして力を削がれてく中で、当時の天皇さんに反目したもんで遠ざけられたはずの氏がなぜか劇的な出世・・。そして、天皇家に皇后を出す氏として確立されてく藤原氏・・・

 持統天皇さんの漢風諡号(名前)は、後の時代の淡海三船さんが付けたのだろうけんど、「じとう」の「とう」って本当は・・「藤」?・・・


「えっ?それじゃぁ・・記紀が隠したかったのって・・?」


 淡海三船さんは、諡号付けで悪ノリし過ぎたのがバレて罪を得たらしいのねん・・・ だけんども、どの部分で悪ノリしたのかは明らかにはされて無いのねんよ・・・


 あ~・・・残念~・・時間切れなのねん~!・・ほんまに残念でんな~!またまたその内にね~・・書くからね~!ではバイナラ~!アディオ~ス~!チャオ!またね~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもしろい~

初めてコメントします。

この倭シリーズ面白いですね~(^^♪
仕事中に、こっそり拝見しております。

仕事中に、こっそり脳トレもしております。
今日は土曜日。私一人なので、フルに音出して聞いてます。

ファシレさんのブログはちょ~面白い!!!
まだ、全部は読破していないのですが、とても勉強になります。

私は、古事記も日本書紀も読んだことが無く、学校での歴史位しか勉強していないのですが、小麦ちゃんのさよちゃん卑弥呼のひるこ、ひるめのくだりを読み、”なるほど~そういうことだったんだ~”と、目から鱗がおちました。
中大兄皇子が狂人だった。という事はどこかで読んだことがありますが、本当に地球人だったんでしょうかね?

ファシレさんの紐解きには本当に感銘いたします。
わたしにゃ~こういった考察絶対に出来ないわ===(+o+)

まだまだ私は、見えない。聞こえない。感じない。状態ですが、少しでも未来のお役に立てるように生きていきたいと思っています。

三度目の愛。お開きになったんですね。
おめでとうございます。

続き楽しみにしてるのねん!

Re: おもしろい~

ジュリーちゃん さん

 初めまして~! コメントをいただきまして有り難うございました~!

> 初めてコメントします。
> この倭シリーズ面白いですね~(^^♪
> 仕事中に、こっそり拝見しております。
> 仕事中に、こっそり脳トレもしております。
> 今日は土曜日。私一人なので、フルに音出して聞いてます。

 あら~・・お仕事中に~!

> ファシレさんのブログはちょ~面白い!!!
> まだ、全部は読破していないのですが、とても勉強になります。
> 私は、古事記も日本書紀も読んだことが無く、学校での歴史位しか勉強していないのですが、小麦ちゃんのさよちゃん卑弥呼のひるこ、ひるめのくだりを読み、”なるほど~そういうことだったんだ~”と、目から鱗がおちました。
> 中大兄皇子が狂人だった。という事はどこかで読んだことがありますが、本当に地球人だったんでしょうかね?

 古代は本当に「奇」ですよねん・・。高々1400年前のことが全く判らんようになってもうてね~。何とか紐解きたいです~。


 中大兄さんを扶余豊璋さんと同一人と見ると・・かなりやばい人すね~!ま~、まだ詳細は判りませんが1400人を飛行機で道連れに出来る精神の方もいらっしゃいますから~・・


> ファシレさんの紐解きには本当に感銘いたします。
> わたしにゃ~こういった考察絶対に出来ないわ===(+o+)
> まだまだ私は、見えない。聞こえない。感じない。状態ですが、少しでも未来のお役に立てるように生きていきたいと思っています。
> 三度目の愛。お開きになったんですね。
> おめでとうございます。
> 続き楽しみにしてるのねん!

 ありがと~なのねん!・・(^^ ファシレのおじさんの場合の3ツ目はほとんど自由にならんので、何とかコントロールしよ~と日夜ジタバタしとります・・。見えるのは丸いぼやけた窓だったり四角い窓・・DOS窓・・なんて言っても判らんかもしれませんが、写真をググると判るかな~?・・・もろにあんな感じのが「パーン」っと目の前に出てきたり・・でもそんなのが出ても、ハッキリ判る、見える時はいいけんども・・・

「・・なんだこりゃ?」

と理解に苦しむ映像で・・もう少し精進せんといかんな~と!


 またそちらの方も大きな進展が有ったら書きますんで、よろぴくなのねん!・・コメント有り難うございました~。またくださいね~。

DOS窓

DOS窓。

調べてみました。
なっつかしぃ~~~
DOSのコマンド打つ時の画面ですね。
私もかつて使っていましたよ。
昔は全部英語表記でしたね~
プログラムを覚えたての頃、よく夢の中で格闘していました。
(年バレマスね。ちなみにプログラムは全くモノになりませんでした。)

扶余豊璋さんですが、中臣鎌足だったという説もありますね。
扶余豊璋さんが中大兄皇子をたぶらかした。って説。
『蘇我入鹿を韓人が殺した。』
と、中大兄皇子が話していたとか、いないとか・・・

三度目の愛ですが、そこに無いものが見えるのですか?

そういえば、目にくっついているゴミのちょっと先を見ると、チラチラ動いていて、光っているちっちゃい粒子みたいなの、あれなんでしょうかね?水蒸気にお日様があたって、光って見えるのかな?
みんな見えない。っていうんだけど・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: DOS窓

ジュリーちゃん さん

またコメントをいただきまして有り難うございました~。

> DOS窓。
>
> 調べてみました。
> なっつかしぃ~~~
> DOSのコマンド打つ時の画面ですね。
> 私もかつて使っていましたよ。
> 昔は全部英語表記でしたね~
> プログラムを覚えたての頃、よく夢の中で格闘していました。
> (年バレマスね。ちなみにプログラムは全くモノになりませんでした。)

 そう・・・、でもむしろ今のWindows の、アクセサリの中の「コマンドプロンプト」をクリックして開いた時の・・・「まんま」な感じです~。

> 扶余豊璋さんですが、中臣鎌足だったという説もありますね。
> 扶余豊璋さんが中大兄皇子をたぶらかした。って説。
> 『蘇我入鹿を韓人が殺した。』
> と、中大兄皇子が話していたとか、いないとか・・・

 そ~ですね~。記紀はとにかく適当なので・・と言うか、後世の者に都合の良いように書き換えられ、本来有る者同士を一緒にしたり、一人の人を分割したり、家系を繋いだりしてますんで、そのように見えても間違いじゃ無いですね~。・・でも「入鹿を韓人が殺した・・」と言ったと紀が書いたのは古人大兄さんですよ~。

> 三度目の愛ですが、そこに無いものが見えるのですか?

 え~・・半透明だったり、実物のようだったりはしますがちゃんと見えているので、「そこに無い」とは思ってないんですね~。しばらく後になってから、「あら・・あれは実際そこには存在しかったのかな?」と考えるだけです・・

> そういえば、目にくっついているゴミのちょっと先を見ると、チラチラ動いていて、光っているちっちゃい粒子みたいなの、あれなんでしょうかね?水蒸気にお日様があたって、光って見えるのかな?
> みんな見えない。っていうんだけど・・・

 ファシレはいつも同じようなもの、見てますよ~。おそらくですが、間脳(松果体を含む)で処理しきれてない外在からの情報が溜まってついに漏れ弾けて、それを視覚野が拾っているか・・・・もしくは単に目の異常かレンズのキズです~・・(^^ 深夜に外を観るような状況だと自分の松果体の影も見えます~・・その時々で見え方は違いますが、酷い時は目の前の真ん中に「ど~ん」と大きくなっちゃってたり、少し片側に寄っていながらも、ほとんど視野を遮るような時もあって、そんな時は非常に見辛いす~。

 またコメントくださいね~・・有り難うございました~。

Re: 脳トレの件で

矢 * * * *さん

 コメント、また脳トレをやっていただき有り難うございます~。

 ブログ内に今まで書いた部分までは問題は無いと思うんですが、それから先は・・・危険性が伴う部分を現在はいかんとも解消出来ないので、お話する訳にはいかんのですね~。ぽろっと不味い事を言ってしまうとね・・と言うか、何が不味いかさえ把握しきれてはいないのんで・・すんません~。

 それにファシレのおじさん、超暇こいてそ~ですが実はけっこ~忙しい人なもんで、あちこち不義理をしてる現状ではこれ以上抱え込む訳には行かず・・大変にごめんです~・・

 この先については現状はやはり本家ブログの方を読んでいただいて、個人的に遣っていただくほかは無いかな~と・・申し訳ない・・。もしくは本家の方ではフォローも一応可能なようなので・・。ファシレの方は何とかしたくとも能力不足なもんで平にご容赦ください~。また近況などコメントくださいね~。有り難うございました~。
プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。