スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取っ替えっこしただけじゃん・・






 実際のところ、文武天皇さんと文武王さんが同一人物だったかど~か・・は、本人に聞いてみないと判らんしね・・・まぁ・・そんなことを出来るのは、ファシレのおじさんの周りじゃぁ小麦ちゃんくらいしかおらんのだけんど、本人はほぼ歴史の知識が無いもんで、

「・・もんむ~?・・あ、ちょ~ど良かったぁ・・ファシレ~、肩揉んめ~!」

みたいな感じにしかならんと思うのねんな~。・・・残念・・


 でもね~・・ひとたび彼女に何かのスイッチが入るとね・・まぁ~こちらもビックリするような幅広い知識と、太古の本人しか知らんような知見が駄々漏れしてくるのんで~・・そんな時が来るのをただ待つしか無いのかもしれんね~。

 文武天皇さんは西暦700年頃のお方だけんど、西暦500年頃の話しは前にもしたよねん?・・・忘れちゃったかな~?

 そう・・継体大王=男大迹(をほど)さんは半島百済の昆支王の、ヤマト朝廷の人質4人の子の一人・・っちゅうことでんな。その辺については

「記紀にゃ~・・そ~書いてあるねんけんどね~・・」

を読んでね~。判り辛いかもしれんけんど、「名前の読み」がほとんど同じだからね~。因みに昆支王の息子さんの東城王さんの子孫は、ヤマトで飛鳥部(アスカベ)氏としてしっかり残ってるのねんな~。西暦662年に滅んだはずの百済(くだら)の王族は、日本にしっかり根付いてるのねん。

 だいたいね~・・百済と書いて「ひゃくさい・ひゃくせい」と何で読まんかな~?いいとこ、「ももせい」やろ~?韓国語だと「ぺくちぇ」やしね~・・。つまり「くたら」と言う土地・地域が日本に元々から有った・・もしくはどこかから移動して来た・・っちゅうことやね~。それに百済っちゅう国は西暦538年には無くなってんのねんな~。南扶余(みなみふよ)っちゅう国になったのねんけんどね~。今日はその辺の話しなのねんな~。



 でね、26代継体大王さんの後は27代の「安閑大王」さん、28代の「宣化大王」さんと繋がり、どちらも継体大王さんの息子さんだとされてるのねんな~。だから、もし息子さんで間違いなけりゃぁ・・・百済の王統を天皇さんと認定してるっちゅうことになるのねん。

 ただしね・・「倭」と、「ヤマト朝廷=日本書紀の書いている日本の王統」は・・イコールじゃ無いっちゅうことを理解せんと変てこなことになっちゃうのんで、注意せんといかんよ~。記紀が書いている世界は非常に狭い目で見た日本なのねん。一見、日本全国津々浦々を言ってるように見えるけんどもね・・日本書紀は「結果的に日本と自称するまでの、ひとつの地域から見た唐への言い訳の書」なのねんから・・。


 28代の宣化大王さんの後は、29代の欽明大王さん・・でんな。この方も百済の王統かっちゅうとね・・ちいっと違ってね・・。実は金官伽耶の最後の王とされる仇衡王さん・・なのねんな~。


仇衡王(きゅうこうおう、生没年不詳)
は、金官伽倻の第10代にして最後の王(在位:521年 - 532年)。讓王とも。廟号は世宗。父は鉗知王、母は淑である。王妃は桂花、息子に金奴宗、金武德、金武力がいる。

日本書紀によると529年4月(継体天皇23年)に、仇衡王が来日し、その月の内に帰国したと記されている。

韓国の言語学者で姜吉云(カン・ギルウン)の説によると、欽明天皇(509年 - 571年、在位:539年 - 571年)は、仇衡王が日本に移住後に「志帰嶋大王」として即位したものとしている。日本でもドイツ文学者で古代史の愛好家だった鈴木武樹が同様の主張をしていた。
by WIKI



 ま~・・研究者の方々の間でもそんな説が有るもんで、ファシレのおじさんがあ~だこ~だと言う必要も無いかもしれんけんどもね~。まぁ、姜吉云さんの本はファシレのおじさんも購入して読ませてもらったのねんが、理解できるところもあり、そりゃないわ・・っちゅうところも有り・・是々非々だけんども、少なくともこの部分は「その通り」だと思うのねんな~。


 何せ欽明さんは「志帰嶋大王」さん・・でっせ?


 島に帰ることを志した大王さん・・でっせ?・・で、「島に帰る」っちゅうところがポイントなのねんけんどね・・。島から一旦出無い限りね・・「帰る」とは言わんだしょ?


欽明天皇(きんめいてんのう、継体天皇3年(509年?) - 欽明天皇32年4月15日(571年5月24日?))
は、第29代天皇(在位:宣化天皇4年12月5日(539年12月30日?) - 欽明天皇32年(571年?)4月15日)。和風諡号は天国排開広庭天皇(あめくにおしはらきひろにわのすめらみこと)。別名、志帰嶋天皇・斯帰斯麻天皇(いずれも「しきしまのすめらみこと」と呼ぶ)。この代に、百済より仏教が公伝し、任那が滅亡した。



 仇衡王さんは529年4月(継体天皇23年)に来日され、その月のうちに帰ったとされるけんども、532年に新羅に降伏してるのねんな・・。で、その子孫は何と・・

「新羅の武将・皇族になってる」

のねん!・・

 仇衡王さんのひ孫の金ユ信さんについては、結構ご存知の方も多いんじゃないかと思うけんどもね~。・・いんや、ファシレのおじさんは見とらんよ~。韓ドラっちゅうのんかな?・・なんかね~・・・合わんのんな~。

 でも、「金官国の末裔が新羅王族」っちゅうことも、その後に影響してるのねんで、重要なポイントなのねんな~。


 ま、とどのつまりは、

「金官国王は日本に来た。国替えをした。子孫は新羅に降伏して金官国=金官伽耶は滅んだ。」

っちゅうことなのねんよ。


 あ~・・そ~言えば「国替え」を説明しとらんばってん・・やっとかないかんの~。これを書くとそれを説明せんならん・・それを書くとあれを説明・・みたいにエンドレスになってまうのねんが~・・ちとめんどいの~!



大伴 金村(おおとも の かなむら、生没年不詳)は、
5世紀から6世紀にかけての豪族(大連)。

 仁賢天皇11年(498年)、仁賢天皇の崩御後に大臣平群真鳥・鮪(しび)父子を征討し、武烈天皇を即位させて自らは大連の地位についた。武烈天皇8年(506年)武烈天皇の崩御により皇統は途絶えたが、応神天皇の玄孫とされる彦主人王の子を越前国から迎え継体天皇とし、以後安閑・宣化・欽明の各天皇に仕えた。

 『日本書紀』によると
継体天皇6年(512年)に百済からの任那4県割譲要求があり、金村はこれを承認し、代わりに五経博士を渡来させた。

 継体天皇21年(527年)の磐井の乱の際には物部麁鹿火を将軍に任命して鎮圧させた。しかし、欽明天皇の代に入ると欽明天皇と血縁関係を結んだ蘇我稲目が台頭、金村の権勢は衰え始める。さらに欽明天皇元年(540年)には新羅が任那地方を併合するという事件があり、物部尾輿などから外交政策の失敗(先の任那4県の割譲時に百済側から賄賂を受け取ったことなど)を糾弾され失脚して隠居する。これ以後、大伴氏は衰退していった。

by WIKI より抜粋



 ま~ね・・任那と加羅は微妙に違う意味合いもあるのやけんども、同じだと思ってもらって良いかな~と思うのねんな。

 つまり、

507年 日本は継体大王を百済から貰った。
512年 百済は任那の割譲を要求し、成った。
532年 金官加羅国は新羅に併合された。(562年には全加羅地域が併合される。)
538年 百済聖王、遷都して国号を南扶余とする。
539年 任那を管理していた金官王は529年に日本に来ていてこの年、欽明大王になる。


っちゅうことなのねん。実際のところ、任那割譲の全責任を大伴金村さんにおっかぶせて書いてあるけんども、それはど~かね~。結局のところ、金官国王は日本の王様になったのねんで・・・しかも結果的にやけんど子孫は新羅の王族になってるのねんで~。百済(南扶余)は自国の周りの領地をいっぱい増やしたのねん。


「な~んだ・・取っ替えっこしただけじゃん。」


 そ~なのねん・・ま、勿論おびただしい血は流れてるのねんよ。筑紫君磐井さんも・・・継体大王の臣、物部アラカイさんに因縁付けられて攻め殺されてるのねん。磐井さんはもちろん・・新羅派なのねん・・だって、継体さんは百済だからね~。

 でその後、継体大王さんは、九州の統治を物部アラカイさんに任せたことになってるのねん・・・ま、九州全部じゃぁ無いのんけんどもね~。っちゅうところで時間切れ~・・。今回は後回しになってた部分をね・・ちっとばかり説明させてもらったのねんな~。簡単に言えば、日本は百済、新羅、伽耶、秦、倭などの国・地域が共存してた・・っちゅうことなのねん。勿論、まだ説明の足らん部分も多いのねんけんどもね~。じゃまたね~アディオ~ス!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。