スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャクラって何ぞ?





<ちょっとだけ2014.11.25加筆したのねん~>

 ネットを巡回してると・・古いかなん?言い方が・・すまんの~・・おじさんだからの~・・・、チャクラとはこんなもので、詰まってしまうと最悪の場合病気になってしまうかもしれない・・とか、どこのチャクラにはどんな石(・・ま、宝石でんな~)が合うから、詰まり気味の人は使うと良いとか・・、チャクラは回転してるから止まってるといかんからヒーリングがどうのこうのとか・・

 ファシレのおじさんはそんなことは何も知らんのんで、

「そ~ゆ~もんかの~・・・じゃぁ、パワーストーンでも買ってヒーリング効果でも検証してみるか~!」

とは・・・中々ならんのねんな。

 ま、石は石で買うたらええねん・・好きなら・・ね。でも確かにチャクラと呼ばれるもの・・器官かの~?・・存在するのであれば、石の相性もあるかもしれんけんどもね~。

 でもそんなネットのページには、ハートチャクラがアストラル界と繋がっているから物質界との接点なんだとか書いてあっても、ハートチャクラがど~ゆ~ものかを物質的肉体的にちゃんと説明してはいないのねんな~。おかしいよね~?

 稀に図解入りで回転風景などを説明しているページも有るにはあるけんど・・

「ほんまか~?」

と、100%信じるのもど~かの~・・と思ってしまうのねんな~。


 かくゆ~ファシレのおじさんも、以前には脳トレとか呼吸法とかを記事にしていたけんども、ど~もね~・・やっぱり危険なんだわな~・・。信じてやってみてもらえることは嬉しい気持ちもあるけんどもね・・・間違って覚えてしまったり、途中を端折ってやってしまったりして体調でも崩されてしまうとね・・ただ事じゃぁなくなってしまうしね~。

 くだんのスピ系の方々も、

「本当は全てを知っているんだけど危険だから敢えて隠してる!」

のかも知らんね~!・・・ま、そんなこたぁ無いだろうけんどね~。



 ちょうど、まぁ、西暦700年前後頃の倭に何が起こったのか・・まだとても全部は書き切れんのねんけんども、ほぼ解明できてしまったので、とほほ・・と思っていたところ、スピ系の続きの記事でも書いておこうかなどと思ってしまったら・・やっぱり書いてしまうことになったんぽいのねんな・・。ま、歴史ファンの方々とスピ系の方々(・・・も~ほとんど居らんと思うけんどもね~・・)がマゼコゼになってる変なブログなもんで、興味なかったらスルーしてねん。


 胸にチャクラが有るのか無いのか、それがどんな形をしていて、どんな作用をするものなのかは・・・知らんよ。でも、それかもしれないとファシレのおじさんが認識している共鳴ポイントは有るのねん。ま、知らんことは知らんし、認識できることだけを知ってる・・ちゅうことでんな。勿論、間違って認識していたり、身体の中の情報を混信して処理して認識してる場合もあるのんで、試すのであれば、

「あくまで自己責任で・・」

お願いなのねん。体調不良になったとか言われても責任取れんのんでね。よろぴくね。嘘は書かんのんで・・くれぐれも言っとくけんども、間違って認識してることはあるかもよん・・。

Mune_cakra03.jpg


 胸のそれらしきものを中心に脳で感覚を取ると・・つまり周波数・・音波でんな・・、仙骨の基底にドレミファソラシの、ほぼ「ミ」が入るのねん・・そして脳幹部分にも、一オクターブ上の「ミ’」が入るのねんよ。ま、ここでは詳細は説明せんよ・・。

 でね・・そ~すっと、胸のポイントに入るのは、仙骨基底から順に、ミ、ファ、ファ#、ソ、ソ#、と来て・・「ラ」なのねん。それがこの上の図なのねんな。(一般的なラ=440hzで調律してるとすると・・音階は全体的にちいとだけフラットしとるのねんな。)

 でもね・・胸も仙骨も脳幹部分も左右が有って色が微妙に?違うでっしゃろ?・・それを説明したのが下の図なのねん・・


Mune_cakra02.jpg


 身体を上から見て、スライスした感じなのねんが、1個目が脳幹部分、2~3個目がハートチャクラじゃないかな~?違うかな~?・・みたいな部分のアップ図でんな。

<ここから加筆>
 もし自分で共鳴音の感覚が有ったなら、どこの「ラ」「ミ」が反応してるか・・だすな。それが判るとこの図は理解できるはずなのねん。でも「ラ」は「ミ」でも有り、「ミ」は「ラ」でもあるっちゅうこと・・そして、この共鳴図はあくまで、「胸を中心にして脳幹と仙骨の間を1オクターブ(実は未満)で感覚を取りに行った場合」限定なのねんよ。だから絶対値としてその共鳴周波数を音で表してるのじゃなくてねん・・相対値としてなのねん・・でもそうでも無い部分もあるのねんけんどね~。ラが中心軸から右にしか存在せず、ミが左にしかないとかね~・・。ま、それが、脳幹・仙骨に1オクターブ(未満)のミを意識した結果で、人間・・そ~ゆ~ふ~に~しか成らんっちゅう基本中の基本なのねんな~。

 あとは・・「ファ#」と「シとド」の関係・・(^^;; かなん?判る人には判る凄~いヒント?ポイント?かも・・そ~考えると、この図はかなり凄いのねんな~!(パチパチパチ!自画自賛!・・)いや~・・いかん!これ以上はやめとこ~。
<加筆終了>

 1個目は図に描いた通りなのねんで、読んでみてちょ~。最初の図の縦軸で下から「ミ、ラ、ミ’」と入れた場合は、胸はその共鳴部分の右前の「ラ」が・・共鳴してるのねん。でも本当のことを言うと、背骨の中にも「ミ」が有って、その倍音が「ラ」なもんで・・ココも共鳴してるのねん・・他にもラはあるのんで、図を見て感じて欲しいのねんな。

 で、この右前の「ラ」が共鳴している時、実は脳幹の右前の「ミ」が一番反応するのねん・・。で・・「ラ」が「ラ#」になると脳幹部分も同じように移動するのねんな・・。

 本当はここは深く書きたいところなのねんが、余りやりすぎると後が怖いのんでこのくらいにしとこ~か・・。

 でねでね・・2番目の図の一番下・・ちょっと興味深いかもしらん情報を書いておいたので・・判る人には判るでっしゃろ~と思うのんで・・・知りたい方は図をしっかり見つめて解読してみてねん!ま~・・これが感覚的に判る方はね・・きっとそ~ゆ~方なのねん・・。


 つ~ことで、久し振りにそっち系の記事を書いてみたのねん!が、・・っつ~ところで・・・残念ながら時間切れなのねん!!またまたその内にね~・・書くからね~!ではバイナラ~!アディオ~ス~!チャオ!またね~!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

意味はさっぱり分からんが、なんかいいとおもいます。
たぶん私が股間にパワーストンあてて「ミー!」と叫んでも何も変わりませんが、霊感ある人には何かあるかもしれませんね^^
歴史ネタはサッパリ分かりませんでしたが、音魂ネタ期待してます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

よし江 さん

コメントをいただきまして有り難うございました~!

> 意味はさっぱり分からんが、なんかいいとおもいます。
> たぶん私が股間にパワーストンあてて「ミー!」と叫んでも何も変わりませんが、霊感ある人には何かあるかもしれませんね^^
> 歴史ネタはサッパリ分かりませんでしたが、音魂ネタ期待してます。

 わお!・・そんな素晴らしいこと、なさりますか~・・(^^ でも実は歴史ネタと音魂ネタはリンクしてたりする・・はずなんですね~。ファシレのおじさんには良く判らないんですが~・・。音魂記事は気が向いたら、また書くかもしれません。いい加減なことは書かない主義なので・・どこがじゃ・・いや、音魂の過去記事読むと、ちょっと判るかもしれませんよ~!でも記事の内容は難しいのかな・・またコメントくださいね~。有り難うございました~。

Re: No title

ひろさん

コメントいただきまして有り難うございました~。

 そうですね~・・山田さんの記事はどえりゃ~むずいっす!・・でもファシレのおじさんのは結構判り易いはずなんですが~・・そのうちにきっと共鳴の意味が判ると思いますよ~。んで、判っちゃうと結構~・・ビシビシ来ます・・またコメントくださいね~。有り難うございました~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

ミカティ さん

初めまして~・・!コメントをいただきまして有り難うございました~。

「憑依」ですか~・・ファシレのおじさんは余り経験が無い・・と言うか、もしかしたらそんなことも有ったにしても気付いてない・・っちゅうか・・ですね~。ただし、おじさんの周りには変な人が沢山いるので、慣れっ子になってて・・っちゅうことかもしれませんが・・。(・・あ、いや、山田家関係のことでは有りませんよ~!)

 憑依の感覚が「脳トレの脳幹を意識する」ことに似てる・・もしかしたらそうかもしれません。脳トレは脳幹のトレーニングに他なりませんので、トレーニング中に身体が揺れたり、金縛りや足が釣ったようになったり、身体が浮遊したように感じたり・・真っ黒をさらに黒くしたような闇に入ったり・・まぶしい光やフラッシュを浴びたり・・あり得無いような鮮やか過ぎる色を感じたり・・誰かの声が聞えてきたり・・も有ると思います~。脳トレをしてる最中じゃなくても・・有り得ます~。


 でも胸に「ドッ!!」って動悸みたいに来る・・のは胸のチャクラではなくて、心臓鼓動関係の神経を意識してしまって、その作用で心臓が反応しているだけですね~。それは神経の筋が1本、身体の中心からみて左寄りを意識したからだと思いますよ~。チャクラ系はそれより内側(右)の神経が重要っす~。(注)ほとんど真ん中ですが、大まかに言って左右別々にあります・・


 体感・神経系を脳幹で意識する、受け取ることが有る程度できてらっしゃると思うので、敢えて言いますと・・

「ドッ!!」と来る神経系は努めて使用しない、意識しないように~・・お願いします~。

 どうしても意識してしまう、意識してしまってどうもならない時は以下をお試しください・・

 脳幹系で意識できる部分は、実際の心臓鼓動系とは左右が逆になりますんで、心臓鼓動系に意識が行かないように内側に(右側に)意識する(できる)神経系をずらすには、脳幹では右脳幹の内側、つまり右脳幹の僅かに左側に移動することになります・・。判るかな~?・・ここは重要ですんで・・逆にならないように、それが安全につながります~!

 脳トレで脳幹を意識している時、ど真ん中から少し右側にズレた部分で「ドッ!!」となるはずですので、その脳幹の位置から僅かに体軸中心側(左)に意識している部分を移動しておいてください~!

 またコメントくださいね~!有り難うございました~。

No title

丁寧に教えていただきありがとうございます。

そうか…そういう事だったのですね。
心臓鼓動関係の神経。
たしかにたしかに。
身体の中心からみて左寄り!!

気をつけます。
気をつけてトライしてみます。
コメントしてよかった〜(^^;;

ありがとうございました。

プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。