いにしえの女王国は健在だった?・・内親王さん、おせ~て?






 ま、どうしてもね・・・今の自分を取り巻く環境や、歴史の教科書で教わったことからの想像でしか、古代を想像するしか無いからの~・・・。結局は大きな「思い込み」をしてしまってね、大きく道を間違えてしまうのねんな~。まさに記紀の思う壺っちゅうことでんな~。

 でも、あの「アメタリシヒコ」が書記に斉明天皇さんとされる女帝さんで、ま、天智天皇さんが新羅に突き出したのか、自分で出頭したのかまでは判らんにしてもね・・

「・・・そっか~・・!アメタリシヒコは女性だったんだ~!」

っちゅうような、既成概念からとんでもなくぶっとんで離れてるような考え方をせんとね・・古代の倭人の世界は理解できんっと思うのねんな~。

阿 毎 多 利 思 北 孤
ā mĕi duō lì sī bĕi gū
阿 毎 多 利 思 比 孤
ā mĕi duō lì sī bǐ gū

ま、中国語の読みは(現代のだけんどもね)

「あ、めーい、たぉ、りー、しー、べぃ、くー」

みたいな感じなんだろうけんどもね~。漢字だけにね~・・そんな感じだよねん~。


 でね?・・アメタリシヒコは女性だったっちゅうこと(・・・もしくは女性でも有り得る?)に気付くとね・・・

「・・そう言や~・・卑弥呼さんの国は女首長の国だったっけか・・」

っちゅうことを思い出すのねんな。「さよちゃん卑弥呼」が生きた時代は西暦250年頃までで、その後は男王が立ったけんど国が治まらず、結局、さよちゃんの宗女の「トヨ」「イチヨ」が女王になって治まったと・・されてるのねんな~・・。

 あ、そうそう、さよちゃん卑弥呼が判らん方は、古い記事を読んでみてねん・・。

 でねでね・・?・・・っちゅうことはでんな・・、斉明天皇さんは女帝だったんだから・・・

「・・あれ?・・女王国の伝統は、もしかしたら・・・この西暦660年頃まで続いていた可能性もアリっすかぁ?」

っちゅうことにもなりかねんのねんな。(ま、実際は斉明天皇さんの660年まで・・どころじゃぁ無いのんねんけんどもね~)


「・・そうか・・推古、皇極、斉明天皇さんの系統って、女王国の・・さよちゃん卑弥呼の国の伝統?」


「・・そうか・・記紀は違う皇統を適当にシャッフルして挿入した可能性もアリ?」

っちゅうことにもね~・・・気付いてしまうのねん。


 ま、こんな感じに考えてみると・・宜しいかもしれんねんな。まずね・・、日本だぁ、倭国だぁ、私の系は倭人だから日本人だぁ・・・っちゅうような観念は、取り合えず捨てるべきなのねん。

 それとね・・・その頃の・・古代のね、半島とか大陸の東半分とか南洋とかに有ったと思われる国をね・・・、日本の中に置いてしまうのねんよ。・・ん?・・意味が判らんの?

 だからね・・大阪は百済、京都は新羅、奈良は秦国、筑紫は・・とかね・・。取り敢えずは適当で宜しおまんがな。

 で、例えば大阪は百済国だとするとでんな・・半島の百済と大阪の百済が同じ国なのねん・・。京都が仮に新羅だとすると、半島の新羅と京都が同じ国・・同じ王統が治めてるのねん・・。その上でね・・

「アジアに連合国家を創っていた!」

と考えれば・・そう遠くない答えだと思うのねんな~。・・ま、これは考え方ね~。理解の仕方っちゅうかね~。


 で、それを束ねるのが「大王(おおきみ)」でんな。それが、いつの間にか「天皇(てんのう、すめらみこと)」と呼ばれるようになったのねん。

 だけんども、記紀が書いてる「~天皇」は、連合国家の長たる「大王(おおきみ)」だとは限らんのねんな。あくまで、後で「日本」と名乗る小国だった国の立場と、不比等ちゃんたちが絶対~に隠したかったことを実現するために史実を捻じ曲げたり、作って語っちゃったりした部分が凄く多いと・・思うべきなのねんな~。

 だからね・・男王だとばっかり思ってたら、実は女王だったなんてのも有るだろうしね・・その逆も有るかもしらんよ~。何しろ、あの聖徳太子さん・・ま、この名前は後で祟りに怯えた不比等ちゃんの子孫たちが付けた尊称だろうけんど、彼もまた、さっさと死んでしまったことにされちゃってるしね~。ここは「可哀想な孝徳さん・・」を見てね・・。


 何しろ、この西暦600年代から700年代にかけては、一見するとね・・・たまたま女性の王様が何人か出ているように・・記紀を見てると思えるのねんな。ま、そのように見せてるのかもしらんね~。で、例えば・・

33:推古天皇592-628 在位36年
34:舒明天皇629-641 在位12年
35:皇極天皇642-645 在位3年
36:孝徳天皇645-654 在位9年
37:斉明天皇655-661 在位6年
38:天智天皇661-671 在位10年
39:弘文天皇671-672 在位1年
40:天武天皇673-686 在位13年
41:持統天皇686-697 在位11年
42:文武天皇697-707 在位10年
43:元明天皇707-715 在位8年
44:元正天皇715-724 在位9年
45:聖武天皇724-749 在位25年
46:孝謙天皇749-758 在位9年
47:淳仁天皇758-764 在位6年
48:称徳天皇764-770 在位6年
49:光仁天皇770-781 在位11年
50:桓武天皇781-806 在位25年

みたいになってるのんで・・、いや、記紀によるとだけんどもね・・・、赤い字が女帝さん、青い字が男帝さん・・なんで、18代のうち、8代が女帝さんなのねんよ。しかも重祚(ちょうそ)・・・一度退位してから返り咲くことだけんども、2人もおられるのねん。49代の光仁天皇さん、50代の桓武天皇さんを除くとね・・・なんと50パーセントの確率で女帝になってるのねんな~。

 上の表の在位期間を足すと210年、女帝さんが88年、男帝122年だけんども、例のごとく49代の光仁天皇さん、50代の桓武天皇さんを除くとね・・・男帝さんは86年になってしまってね・・なんと50パーセントを切ってしまうのねんよ・・。ま、実際に日数は数えてないけんども、88年間と86年間っちゅうのんは、在位年数を足すんじゃなくて日数の計算をしたら・・・もしかしたら・・・ピッタンコで50%かもしらんよ?・・


「・・ねぇ・・これって・・どういうこと~?」

 ね?・・びっくりだしょ?・・つまり、少なくともこの時代に限っては、記紀は50%の確率で女帝時代だったと記してるのねんよ。・・これって・・もしかしたら・・もしかした証拠なのねんかも・・・ま、今はまんだ言えんけんども・・


 そしてね・・もっとビックリしちゃうことが・・あるのねん・・。さっきの表を少し書き変えてみようっかなん?


33:推古天皇592-628 額田部皇女(ぬかたべ)
34:舒明天皇629-641 田村(たむら)
35:皇極天皇642-645 宝皇女(たから)
36:孝徳天皇645-654 軽(かる)
37:斉明天皇655-661 宝皇女(たから)
38:天智天皇661-671 葛城(かづらき)
39:弘文天皇671-672 大友(おおとも)または伊賀(いが)
40:天武天皇673-686 大海人(おおあまと)
41:持統天皇686-697 鸕野讚良(うののさらら、うののささら)
42:文武天皇697-707 珂瑠、軽(かる)
43:元明天皇707-715 阿閇皇女・阿部皇女(あへ・あべ)
44:元正天皇715-724 氷高皇女(ひたか)
45:聖武天皇724-749 首皇子(おびと)
46:孝謙天皇749-758 阿倍内親王(あべ)
47:淳仁天皇758-764 大炊(おおい)
48:称徳天皇764-770 阿倍内親王(あべ)
49:光仁天皇770-781 白壁王
50:桓武天皇781-806 山部(やまべ)

 どう?・・判る?・・そ、「あべ」さんが3代、実質2人もいらっしゃるのねんよ・・。阿倍・阿閇さん・・でんな。ま、一般には育ての親の姓や土地の名前をいただくっちゅうことなのねんから、決してなんの不思議も無いっちゃ~無いのねんけんどもね・・。でもね・・・

「阿倍内親王さんは凄いぞ~!」

 なにせね・・二度も天皇さんになっちゃってるしね~。しかも結婚してないっちゅうのねんよ?・・つまり、並み居る男の後継者をそっちのけにして処女で天皇さんになっちゃって、しかもその後に天皇さんになった男帝の淳仁天皇さんを廃帝して、また復帰しちゃうのねんから・・・すっげ~でしょ?・・阿倍内親王さん!

 だけんどもね・・・阿倍内親王さんって・・一人じゃないのよ・・

「♪♪・・一人じゃないってぇ~・・素敵なことね~・・♪♪」

 ん?・・いや・・ちっとね・・天地真理を歌ってみただけ・・「てんちしんり」ぢゃぁないのねんよ・・「あまちまり」ちゃんなのねん・・・いや、ここは天地に誓って真理なのねんけんども~・・って、どっちやねん!


孝謙天皇(こうけんてんのう、養老2年(718年) - 神護景雲4年8月4日(770年8月28日))

は、日本の第46代天皇(在位:天平勝宝元年7月2日(749年8月19日) - 天平宝字2年8月1日(758年9月7日))。父は聖武天皇、母は藤原氏出身で史上初めて人臣から皇后となった光明皇后(光明子)。史上6人目の女帝で、天武系からの最後の天皇である。即位前の名は阿倍内親王。
by WIKI


 とね・・WIKIには出とるのねん。で、48代の天皇さんも同じ阿倍内親王さん・・でんな。・・でもね・・

 47代の淳仁天皇さん・・ま、阿倍内親王さん=孝謙天皇・上皇さんが、結局は貶めることになったけんども、淳仁天皇さんに娘さんがおられてね・・・山於女王(やまのうえのじょおう)さんっちゅうのんけんど、淳仁天皇さんが即位されるときに斎宮の斎王に卜定されてね・・即位とともに内親王宣下(ないしんのうせんげ)されて、彼女はなんと阿倍内親王(あべないしんのう)と呼ばれることになったのねんよ~!

 ん?ど~いうことかな~?・・

 阿倍内親王さんが「孝謙天皇」さんになって、譲位して上皇に、次の「淳仁天皇」の娘さんが内親王になるときに「阿倍」を名乗って阿倍内親王さんになって斎宮に行ったけんども、阿倍内親王だった、前の天皇さんだった上皇さんが天皇を降ろしてまた「称徳天皇」さんに戻ったっちゅうことで、阿倍内親王になってた山於女王(やまのうえのじょおう)さんはまた斎宮を辞めて戻ったっちゅうこと・・

「・・なんだそりゃ・・」

 阿倍っちゅう名前の内親王さんは、何か特別なものなのだっしゃろかいな~?と、思ってしまうよねん?

「阿倍=藤」

っちゅう話しもね・・以前に書いたしね・・・

 それに、なんちゅうても、結婚しないで天皇になった女帝さんと言えば、この阿倍内親王=孝謙天皇=称徳天皇さんしかおらんのねんよ・・。

 ん?・・いや、待てよ・・と。さよちゃん卑弥呼は結婚してなかったんじゃない?・・男がいたかどうかは知らんけんど・・孝謙天皇さんには道鏡さんっちゅう、スッゴイ人が居ったらしいけんどもね~。

 っつ~ことは、阿倍=卑弥呼の系統っちゅうことかいな?・・いや、そんなことは無い・・はず・・でも判らん・・っちゅうところで、この話しも時間切れなのねん!・・すまんの~・・いつも大事なところでタイムアウト、・・・しかも全てにおいてめちゃくちゃに中途半端!阿倍ちゃん、太子の話も今ひとつ~??・・すまん、またそのうちに・・・・さっすがファシレのおじさん!・・ちゅうことで、今回もグッジョブグッジョブ?で終わるのねんな~!・・これもひじょ~に残念~!ではバイナラ~!アディオ~ス~!チャオ!またね~!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつもご無沙汰してます( ´_ゝ`)

自分もギリギリ天地真理世代カナ?


今回の記事を読んでいると

「てんちしんり」と読みたくなりますネ
ネタがネタだけに(*^ー^)ノ♪

Re: いつもご無沙汰してます( ´_ゝ`)

パインさん

いつもコメント、有難う御座います~。

> 自分もギリギリ天地真理世代カナ?
>
> 今回の記事を読んでいると
>
> 「てんちしんり」と読みたくなりますネ
> ネタがネタだけに(*^ー^)ノ♪

 ね~・・。何が真実なのか・・真理ちゃんに聞きたいですよね~!・・あの頃のね~!・・今のじゃなくてね~・・!・・いや、古代の真実の話しですよ~!・・有り難うございました~。またコメントくださいね~!
プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR