熊も姫も船に乗って九州に来たのねん!






 とにかく記録が残ってないのねんな~。残念なことにね・・。有力な豪族達に系図を提出させ、各氏族に墓記を出させ、古文書などを焼いたのねん。なしとげたのは第41代天皇さんになった、持統天皇さん・・でんな。

 彼女は・・って女帝だからね・・、夫の天武天皇さんが亡くなった後、天皇になられたのねん。でも彼女も中々にしたたかな女性だったと思われるのねんよ。何せ、親は第38代の天智天皇さん・・・「乙巳の変」で、中臣鎌足さんといっしょに、あの稀代の天才と言われた蘇我入鹿さんを騙まし討ちにして蘇我宗家を滅ぼした、中大兄皇子の・・・娘さんなのねんよ。

 ま、この辺りは書かない訳にはいかんのんで、いずれ題材にするのねんけんど、今のところはね。でも、覚えておいて欲しいのんは、

「天智天皇系と天武天皇系の争い」

だったことと、

「父親である天智天皇と夫である天武天皇の狭間の持統天皇」

であって、

「(入鹿殺害の)共犯である中臣鎌足と中大兄皇子(天智天皇)」

の構図が、

「中臣鎌足の息子である藤原不比等と持統天皇(天智・天武)」

のように、後世でもそのようになった・・と伝えられることなのねんな~。いや、伝えられるっちゅうより、当の本人がそう書いとるだけだけんど。真実はどうかね~。ね・・・不比等ちゃん!?



 ま、日本書紀は不比等ちゃん監修だけんど、結構・・史実は忠実に記載されてると思うのねん。実際に、半島で出てきた古墳からの墓誌で、日本書紀の記載と年代に間違いが無いことが証明されたりしとるけんね~。

 でも、さも、たった今、目の前で見てきたように書いてる記事はね~・・・どうもね・・信用できんのねんな~。あと、「誰々の子である」っちゅう部分ね。天智天皇さんと天武天皇さんは兄弟ということになっとるのねんけんどね・・有り得ないと、歴史に興味のある方々は、まんずそのように思ってるはずなのねん。


 記紀の・・特に日本書紀については、前回の記事でその立場を説明したのんで、それなりにお判りいただけたと思ってるのね。なので、今回からは・・・

「起源前~紀元後の九州の話し」

をチラッとしてみようかと思うのねん。

 記紀の話しが中心だと、どうも偏った話しにしかならんのねんでね。


 例えばね・・皆さんも歴史で習った「ヤマトタケルの尊」さんね。彼は第12代景行天皇の皇子で、第14代仲哀天皇の父の小碓命(おうすのみこと)さんなのねん。彼は九州に・・

「熊襲(くまそ)退治」

に行って成功したと言われてるのねん。女性に化けてクマソタケルさんを殺した時、その名の「タケル」をいただいたと・・されとるけんね。でもま~・・一般的な熊襲のイメージは良くないよねん?そのように日本人はイメージ付けられて来たのねんよ。


 でも、「熊襲」って・・何か判るかな~?・・判らんでしょ?

「熊っぽい・・毛むくじゃらの力が強い野蛮人」

みたいなイメージが先行し、常識のようになっちゃってるのねん。・・遭ってもいない大先輩に・・偉い失礼なのねん。


 昔ね・・中国に「楚(そ)」っちゅう国が有ったのねん。・・・そ~なのねん・・春秋時代・・でんな。で、どうやらその「楚の国」の王族が九州に逃れてきたらしいのねんよ。彼らは「熊(くま)」をトーテムとする族で、名前も「熊」が付くので、「熊氏(くまし)」と呼ばれたらしいのねん。


 で、熊氏の国なもんで~・・「熊氏の楚国」から・・「熊楚(くまそ)」->「熊襲」になったっぽいのねんな。


 ね・・・?本当っぽいだしょ~?まだあるよん・・。


 以前の記事に「東海姫氏国(とうかいきしこく)」のことを書いたけんど、これは時の中国の史書に書かれてることで、東海(とうかい)に倭人の「姫氏(きし)」の国があると・・ね。

 東海っちゅうのんは、東シナ海(東支那海)の中国における名称でね、ま、日本海っちゅうことでんな。昨今は中国が勝手に日本の領海ギリギリでガス田をおっぱじめて問題になっちょるけんね、ご存知かもしれんね。

 で、その姫氏も春秋時代の大国、「呉(ご)」の王様だったのねん。でも戦いに敗れてね・・王族は九州に逃れたのねんよ。おそらく、大陸から今の長崎辺りに上陸し、「火の国」で国を創ったのねんな。

 この「火の国」は活火山の阿蘇山があるからね・・そのように言われたのねん。火の国は「肥の国」と・・言われたのねんで、さっきのように・・・

肥の呉の国(ひのごのくに)」->「肥呉の国(ひごのくに」

となって・・・

肥後の国(ひごのくに)」

と・・なったのねんな~。


 一般的にはね・・「肥の国」をふたつに分割して「肥後国」と「肥前国」になったと言われてるけんど、ま、違うだろねんな~。


 ま、結局駄洒落みたいな~・・言葉遊びみたな~・・だけんども、世の中は大抵、そんなもんだしょ?そして、時代が強制的に名前を変更してしまう・・氏族の名前も、土地の名前もね~。だから、北九州には京都や奈良の地名と同じものが山ほど残ってるのねん。九州の名前を持って行ったのか、奪われたのかはもう・・判らんけんどね。


 因みに呉国の姫氏が滅びたのが紀元前473年・・・、楚国の熊氏が滅びたのが紀元前206年なんで、日本到着は姫氏が先輩なのねんな。


 それに加え、同じ春秋時代の「斉(せい)」の国も滅んで、おそらく日本に来てるのねんな・・・滅んだのは紀元前386年で・・っと・・


 えっ?・・もう時間が無い?・・・こりゃまたすんずれいいたしますた。中国ネタで終わっちまったい~・・なんだよ~!呆ける暇がなかったじゃないか~!この話しは、まだまだ序の口なのねんで~・・当分は「とてもまじめなお話」になるかもしらん・・すまんの~!ファシレが真面目じゃちぃっとも面白くないけんね~。ま、「ぼけ」はまたそのうち、連荘するのんで、許してくなんしょ!ではバイナラ~!アディオ~ス~!チャオ!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

人のことは言えんが、相変わらず難しいの〜。
トムとジェリーくらい簡単にならんかの〜。

Re: No title

山田さん・・
いつもお世話になります~。

> 人のことは言えんが、相変わらず難しいの〜。
> トムとジェリーくらい簡単にならんかの〜。

 いや~・・ファシレのブログは単純明快でっしゃろ~?違うかな~?・・(^^ ま、必要無いのに文字数がやたらと多いかもしれんけんね~。
プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR