日本は世界の端っこ・・みんな流れ流れて崖っぷち・・あらっ?






 例えば歴史の授業で習ったかどうか・・もう、余りに遠い記憶なので定かではないにせよ、神武天皇(じんむてんのう)さんが、九州の地から畿内に東征して橿原宮(かしはらのみや)で始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)と称して即位したっちゅうこと位は、誰でも何となく記憶にのこっていると思うのねん。

 少なくとも神武天皇(じんむてんのう)さんの名前と、天孫降臨(てんそんこうりん)っちゅう言葉くらいは、誰でも知ってるかな~と思うのねんな~。

 でもね・・そこから先になってしまうと、ほとんどのお方は興味無し・・、

「そんなこと知らんでもフツー生きて行けるし~!」

っちゅうことなのかもしらんね~。


 そうは言いつつも、つい最近の中国や韓国、北朝鮮の近隣国家の仕打ちには、右も左もキリスト教徒も仏教徒もその他大勢も・・

「・・・嫌な連中・・」

と・・程度の差こそ有れ、思ってるはずなのねん。

 ファシレのおじさんだってね・・ノンポリ(ふ・・古っ)だし、右派でも左派でも、ましてや極xでは無いし、さらにはスピ系でも無し・・だけんども、

「・・・少なくとも連中を信頼するなんてできんよね~・・」

と思ってしまうのねんな~。



 だけんどもね・・・それって今に始まったことなのかな~と思うのねんよ。人類の歴史を見てみりゃ・・ず~っと同じことを繰り返してるんじゃないかと・・思うのねんな~。

 ロシアが嫌いだ、韓国が嫌い、北朝鮮はもっと嫌い、中国は大嫌い・・

 ま、そ~思うのも無理は無いと思うけんども、そっくりそのまんまご近所や自分の身の回りに置き換えて見ても・・

 あいつは嫌いだ、彼女も嫌い、その親はもっと嫌い、部長課長は大嫌い・・



 中国が嫌いなら進出などせんでおいたら良かったげな~・・。こうなるのは最初から判っとるんだからの~。100円ショップで買い物とかは止め、着る物だって日本製だけ買うておけば良かったんじゃ~。談合も結構!日本人の職を守るためにどんどんやっておくんなせ~・・。だけんども、x国の要請とか、景気回復とか、企業業績アップのためとかで、そうしたんやけんな~。身内の日本人の職を奪って一億総再配置でぷ~たろ~を沢山創り、敵だと思うあの連中に熨斗付けて贈り物をバンバン贈った結果、そうなっとるだけやのにの~。


 ま、今更ど~もならんかな~とは思うけんども、今も昔も変わらんのは残念じゃの~。


 あら・・何の話だったかの~・・最近は物覚えが悪~ての・・。あ、そうそう、神武天皇の話でしたのねん。

 じゃ、ちょっと下の図を見てもらいまひょか・・GOO GLE からコピーしたものでんねん。

japan_hutuu.jpg


 フツーに良く見る日本地図でんな。神武天皇さんは、天皇即位前に、


九州から畿内に東征


したのねん。・・いや、そのように言われてるのねん。ま、紀元前と言われてるけんども、まともな神経を持ってるお人たちなら、何をど~考えても・・・

東征は少なくとも紀元後に行われた

と考えるでっしゃろな~。


 ま、どの天皇さんもとっても長寿でね・・。今じゃ考えられんほどの長生きを重ねて作られたのがそんな歴史なのねん。それを、まともに直すと・・つまり、中国の歴史書や、色々な文献や遺物を検証するとね・・そうなるのねんよ。


 でも、はっきり言って、


そんな時代に・・神武東征は行われなかった

としか考えようが無いのねんよ。


 だってね・・兵站はどうしたか・・。現地調達ったって、中々上手くは行かんのねん。九州から畿内でっせ?・・進軍するのだって時間は掛かる。それそのものが命がけ・・。だから基本移動は船を使わなくちゃならん。だから沢山船も造らないと~・・冬になれば食料は現地調達も出来んのよ。それにそのころの日本各地は群雄割拠、いろんな民族が住んでてね・・。出雲族・・大国主族かな?・・が統制してたとは言っても、とても緩やかな連携に過ぎない・・だから、隙を見せちゃえば・・

「グサリ」
「うっ・・やられた・・」


みたいな危険性がひじょ~に有ったのねんな~。戦線をそんなに長くしちゃえば、短期決戦などできんし、ゲリラ戦もしょっちゅうせにゃならん・・・。九州から畿内に戦争に行くってあんた・・


「・・その前に、九州を制覇せにゃ~・・無理でっしゃろ~!」

「九州が終わったら吉備・・山陽・・かな」

「出雲の山陰方面軍も必要でんな」

「・・四国もあるでよ・・」

「半島から攻めて来たら・・ど~すんのさ?」


 ま、まともな参謀がおれば、そんな無茶なことはしないのねん。足元を固めるのが第一!もしくは少数精鋭で畿内にたどり着き、小さな村を占拠するくらいが関の山・・。即位するも何も無いのねんよ。だから・・・

「記紀の言う神武東征は絵に描いた餅」

「神武東征はいいとこ、九州の西から東を征服したに過ぎない」


のねん。あの有名な明智光秀さんの三日天下どころでは無いのねん・・それこそ農民たちに竹槍で・・

「グサリッ!」
「うっ・・やられた・・」


となってもうておしまいなのねんな~。


 と、まぁ・・夢物語の神武東征は無かったけんど、とっても重要なことが、さっきの文の中に潜んでるのねんよ。それはね・・・



「半島から攻めて来たら・・ど~すんのさ?」

でんな。


 でもね・・少なくとも攻めらはせんとも、半島を経由して民族はどんどん日本列島に流れ込んでいたのねんよ。・・だって、日本は世界の最果ての地。行き詰まりの崖っぷちなのねんから・・。そこから先は無いのねん。日出づる国は、東の果てっちゅうことなのねんよ。判るよね~?


 判らん?・・んじゃま、自分が大陸や半島に住んでるとしたら、どんな風に「日出づる国」が見えるか・・ちょっとイタズラしてみようねん。

japan_sakasama.jpg


 どうでっしゃろ?・・さっきの図を逆さまにしただけなのねん。南が上になるから北は下・・。だけんど、随分印象が違うだっしょ~?大陸から見れば、少しは日本列島が「僻地」であるように見えると思うのねんよ。判らんかな~?

 だけんど、半島から見たらどうかな・・。遥かな列島は確かに端っこかもしれんけんど、南国で住みやすそうだし、大国の中国は攻めてくるし・・いや、大体自分たちは中国大陸にいて、戦争に負けて半島に逃げてきた・・なのにさらに追い詰められてる・・。

・・つまり、どこかに逃げようして、

「このままじゃ殺される・・でも寒いとこはヤダし・・暖かい南の楽園が有るかもしれない・・」
と、まともな地図の無い時代にそんな風に思ったら、


「もう・・船で世界の果てまで行くしか無いのねん!」


 実は、そんな連中の集まりが・・・倭国なのねんな~。世界中から人が集まってきたのねんよ。流れ流れて日本まで・・やって来たのねん。


 じゃ、そんな連中はどんなルートで来たか、大体は想像付くよね・・。勿論、南洋のルートも有る・・船で島伝いにやってくる・・それがポリネシアンや、インド(インドネシア含む)の方々が多いのねん。ポリネシアンの方々はアイヌの人々なのねん。これは前にも書いたけんど、

「寒いのに裸足。靴の文化は無し。」

なので判るのねん。北からいらっしゃった方々は靴の文化が有るのねん。南からいらした方々も、ポリネシアン以外は靴、もしくは似た履物文化があるのねんよ。


630px-Japans_ocean_currents.png


 こちらもWIKIからいただいた図なのねんけんど、海流の図なのねん。1の黒潮に乗ってくれば自然と最果ての日出づる国に到着するのでっしゃろな~。

 同じように大陸や半島から来るには、どこが玄関になるか・・考えてみると・・

 4の対馬海流(暖流)に乗って九州・・例え流されたとしても出雲

 ちゅうことになるのは判ると思うのねん。一番良いのは、半島の東南端辺り、釜山や馬山から北九州を目指す・・すると、対馬と壱岐を中継し、安全に列島に到着するのねん。だから神武さんたちの天孫族も、そんなルートで来日されたのは想像できるだっしょ?

 でね~・・・前のブログで、葛城そつひこさんは、任那、加羅の王族だって言ったんだけんどもね・・実はその・・

「釜山・馬山は任那・加羅に属した・・」


 そうなのねん・・。つまり、半島と列島(北九州)を結ぶ大事な航路の拠点が任那・加羅だったのねん。半島に出かけるにしても、その拠点が自分たちと連携する者が治めてるので無ければ、とてもじゃないが簡単に出かける訳には行かんのねんよ!


 任那・加羅諸国は倭人の国だったのねん。もっと言っちゃえば、百済も新羅も高句麗も・・そうだったのねん・・。ま、ただ任那・加羅・百済・高句麗が滅んでからは、ほとんどの連中が列島に非難してきたと言われてるのねんから、現在、半島に住んでらっしゃる方々と同族かどうかは判らんけんどもね~。少なからず有る程度の同族は残らずを得なかったとは思うし、だから何なんだと言われても返す言葉は見つからん・・。

 だから、あの「そつひこさん」にはそんな秘密が有ったけんど、しっかり名前に現れてるのねんよ。


 あら・・ようやっと本題?・・これを書こうとしてたのかな~・・忘れちまった・・


 葛城襲津彦(かつらぎ の そつひこ) は、「 ぎ」 と加羅の「」と「」をしっかり苗字に入れてるのねん。それに、葛城は葛木と書く資料もあるけんども、「城」と言う字を使ってるだしょ?「しろ」なのねん。「しろ」を「」と読ませてるのねん・・だから・・「新羅」(しらぎ)なのねんな。「白」っちゅうのは新羅を現す隠語なのねん。その「新羅」を名前に潜ませて、意味を持たせっちゅうのよ。


 でねでね・・襲津彦(そつひこ)なのねん。わざわざ・・「襲う」っちゅう字を当てとるだっしょ?・・「津」は「~の」っちゅう意味で、「彦」は男性名で、良く言えばお大臣様っちゅうこと。言っちゃえば「加津羅城」だから「加津羅」は「加羅」そのものなのねん・・もしかすっと、加津羅がそつひこさんが討ってしもうた小国なのかもしれんしね~・・


 はい、・・もう判ったよね~・・

「新羅(を討たずに)加羅を襲ったお大臣さん」


「は~~い・・せいか~い。」


 ま、そこに桂とか鬘を当てずに葛(かつら)を当ててるんで、「クズ」っちゅう意味も含ませてるのかな~とは思うけんどもね。


 さ~すが不比等ちゃん・・やるのぉ~!・・こりゃぁ、おじさんも読み解くのに大変で参った参ったぁ・・でも、っちゅうことはこれは本名じゃないよね~・・。蘇我氏絡みだから、とことんまで貶めるつもりだったのが見えるよね~・・。


 でねでねでね・・・その半島倭国のイミグレーション?・・任那、そして加羅諸国には沢山の国が有るのねん。ま、「羅」(ら)が付く国が多いのねん。羅は村・邑・邨(むら)でんな~。百済だって結局元々は句多羅なのねんから・・えっ?・・くだらね~ってか・・?・・うんにゃ・・ほかにも多羅とかね・・安羅とか・・


「えっ?・・安羅って、もしかしたら・・あら・・??」


「あらっ?・・アラハバキの・・あら・・だ!」


 で、ようやっと「あらはばき」なんだけんども・・・・


 ありゃりゃ・・もうこんな時間・・そろそろまたの続きは次回かな?・・じゃぁまた!アディオース!チャオ~!










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

次回を楽しみにしてます。

歴史のコアーな部分にはあんまり興味がありませんでした。
中学、高校と歴史の授業はただ、ただ、暗記するのみ。
このスタイルが気に入らなかったのも事実です。
そればかりか、社会人になって間もないころ「歴史は勝者のもの」
と思った時からさらに、さらに、興味を失いました。


最近はそれとは少し違い、自分の未来を想像することにより
過去の自分または、生い立ち、先祖などが気になりだしました。
そういう軸で歴史を見ていくと結構面白かったりします。
ファシレさんほどディープなところまではいけないにしても
今までとは違った「歴史」の観点が実に面白いです。

次回も楽しみにしてますのでぜひ、ぜひ、更新をお願いします。
待ってますね。


楽しみに。


待ってます。


あはっ(笑)。

Re: 次回を楽しみにしてます。

ガバチョ さん

いつもコメント、有り難うございます~。

> 歴史のコアーな部分にはあんまり興味がありませんでした。
> 中学、高校と歴史の授業はただ、ただ、暗記するのみ。
> このスタイルが気に入らなかったのも事実です。
> そればかりか、社会人になって間もないころ「歴史は勝者のもの」
> と思った時からさらに、さらに、興味を失いました。

 ファシレもほとんど同じですよ~。ただ、勉強は嫌いでしたが本は嫌いじゃなかったので、吉川英治さんの三国志とか水滸伝は読んでました。どちらかというと空想や妄想の世界への逃避だったかと思います~。


> 最近はそれとは少し違い、自分の未来を想像することにより
> 過去の自分または、生い立ち、先祖などが気になりだしました。
> そういう軸で歴史を見ていくと結構面白かったりします。
> ファシレさんほどディープなところまではいけないにしても
> 今までとは違った「歴史」の観点が実に面白いです。

 ん~・・そうですよね。ま、ファシレの場合は動機がちと不純ですから・・。「歴史考察、重要だからやって」と言われたので・・「え~っ・・?無理!」と返したのですが、他に出来る人がいないから・・と・・。ま、そんなもんでも興味を持ち始めると面白いものですね~。

> 次回も楽しみにしてますのでぜひ、ぜひ、更新をお願いします。
> 待ってますね。
>
> 楽しみに。
>
> 待ってます。
>
> あはっ(笑)。

はい・・有難うございます~。またコメントくださいね~。

相変わらず焦らしますな~!うまいんだから♡

 ロシアが嫌いだ、韓国が嫌い、北朝鮮はもっと嫌い、中国は大嫌い・・

 ま、そ~思うのも無理は無いと思うけんども、そっくりそのまんまご近所や自分の身の回りに置き換えて見ても・・

 あいつは嫌いだ、彼女も嫌い、その親はもっと嫌い、部長課長は大嫌い・・

このセリフにやられましたぜ!

そん通りですな。俺前は右寄りでふぁっく朝鮮だったけど今は左寄りでごめんなさい仲良くしましょう派なんすけど、まぁこれは常に自分の立ち位置を下に置いたほうが成長しやすいんでねーかっつー俺の考えなんすけど、とりあえずなんでも両極にたってみたい派です!そして今回俺、歴史の話には触れてませんが今後も楽しみにしておりますぞー!
でわでわアディオス!

Re: タイトルなし

ラブレザさん

いつもコメント、有難うございます~!

> 相変わらず焦らしますな~!うまいんだから♡

お褒め戴き、まことに恐縮です~・・(^^

>  ロシアが嫌いだ、韓国が嫌い、北朝鮮はもっと嫌い、中国は大嫌い・・
>
>  ま、そ~思うのも無理は無いと思うけんども、そっくりそのまんまご近所や自分の身の回りに置き換えて見ても・・
>  あいつは嫌いだ、彼女も嫌い、その親はもっと嫌い、部長課長は大嫌い・・
>
> このセリフにやられましたぜ!

 そう・・仮に、如何に仏神の心に近寄りたいと努力しても・・嫌いなものは嫌い・・残念~・・なのねん・・

> そん通りですな。俺前は右寄りでふぁっく朝鮮だったけど今は左寄りでごめんなさい仲良くしましょう派なんすけど、まぁこれは常に自分の立ち位置を下に置いたほうが成長しやすいんでねーかっつー俺の考えなんすけど、とりあえずなんでも両極にたってみたい派です!そして今回俺、歴史の話には触れてませんが今後も楽しみにしておりますぞー!
> でわでわアディオス!

 有難うございます~。そんな感じですね~。どんなに嫌いな相手でもちゃんと話しを聞き、出来る限り理解しようと努力して、それで駄目なら暴力的な争いを避けるようにする・・っちゅうか、正に・・平和ボケの日本人そのものかもしれませんが、平和ボケを永久に続けられるように、絶え間ない努力をするっちゅうのが倭人の心に見合うのかもしれませんね~。またコメントくださいね!有り難うございました~。

No title

こんにちわ

うなぎーぬちゃんはお元気ですか。。^^

面白く拝読しました。 な~るほど!!!って。

ありがとうございました。 続編をおまちしています。

Re: No title

紅実子 さん

お久し振りです~。コメント、有難うございます~。

> こんにちわ
>
> うなぎーぬちゃんはお元気ですか。。^^
>
> 面白く拝読しました。 な~るほど!!!って。
>
> ありがとうございました。 続編をおまちしています。

 ウナギーヌは東北に金を掘りに行ったまま、帰って来ないのねん・・(^^;; 続編、さっきアップしました・・よろしくお願いします~!
プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR