日本 その7






 ま、記紀をまともには読まずとも、何となく内容を知ってらっしゃる方なら、おそらく誰もが・・

「・・なんか・・なぁ・・しっくり来ないよなぁ・・」

と思うに違いないのが、天日矛(あめのひほこ)さんの件だしょ~な・・。


 だってね・・日本と言うか、倭と言うか、大和朝廷の話しなのに、

「新羅から来た王子の天日矛さん」

が活躍してるのねんから・・。


 そして、その子孫もさらに大活躍で、いつの間にか大王・天皇家に入り込んでいることを、全く隠しもせず、堂々とね・・大々的に書いてるのねんよ。

 まるで記紀が出来た当時の大王・天皇家は天日矛さんの血筋・・とさえ言いたげな書き方なのねん。

 でも、そんな風なイントネーションを知りつつも、日本人的な心情からなのか、

「・・認めたくない!」


と言うような心がね・・きっと有ると思うのねんな・・だからこそ、意図的に差し込まれたとしか考えられないような天日矛~田道間守~神功皇后さんの物語の意味を、

「そうかも・・しれない・・」

と思いつつも、見て見ないフリや考えないフリをしてしまうのねん。


 ファシレのおじさんは天邪鬼じぇけんね・・。「ひほこ」と聞けば「ひほんこ」とどこが違う?・・同じじゃん・・と思ってしまうし、天日槍は「あめのひやり」ちゃうのん?・・片や、天日矛と書く古事記と何故漢字が違うん?・・古事記は「橘氏系じゃん?」・・だから、判り易く書いてあって、日本書紀は「藤原氏・毛野氏系じゃん?」・・だから「ほこ」を「槍」に当てたんじゃねすか~?・・などと思ってしまうのねん。

 韓国語で天気のことを「日気」っちゅうなら、天日矛は日日矛・・に置き換えられると・・仮にするなら、比自㶱や非自火、非時伐とどう違うのかと・・

 新羅本記に書かれた「八年春 阿麻來服 遣元器與淨土入唐 淨土留不歸 元器還 有勅 此後禁獻女人」には、「阿麻が降伏してきた」と、唐に行かせた使いの者(高句麗から降伏した捕虜だったのねんが・・)の名はフルネームで書き、阿麻さんのことは、まるで誰でも知っているか、分かって当然のように書いて、唐の帝から女を献ずるなと勅が有ったのなら、

「じゃぁ当然・・阿麻は女人なのねん・・」

と、感じてしまうのねんな・・。因みに北朝鮮の一部じゃぁ、今でも「お婆ちゃん」のことを「アマ」と言うらしいのねんし・・


 なら、比自㶱は日自本で、「日が自ら(昇る)本(もと)」になるし、卓淳国が達句火で「タックスンバル・タックファ・タックバル」の「立花・橘花・橘」なら、

「橘は常世の国に生える非時香果を持ってきた人・・」

だから、

「卓淳国(橘)は比自㶱を連れてきた人」

と変換できるのねんし、もっと言ってしまえば・・

新羅から来た天日矛

天日矛の子孫の常世の国に橘の実を取りに行った田道間守

天日矛の子孫の神功皇后

天日矛の子孫の三宅連氏


は、橘が関連付けられていて、その後の「橘宿祢」の「縣犬養美千代」「橘諸兄」に、

 その橘は卓淳国なのねんから、


天日矛は新羅の王子ではなく卓淳国の王子で

卓淳国を平定した神功皇后(とされた方)は新羅に攻め取られた卓淳国を取り返したお方で

三宅連は卓淳国を官家として管理した神功皇后(とされた方)ゆかりの氏族で

縣犬養氏も官家絡みの神功皇后(とされた方)ゆかりの氏族で

だから、彼らが比自ホとも、大いに関係しているのねんな~・・。


 そもそもね・・昔の記事でも書いたけんども、

「伽耶諸国や百済、新羅の王は記録に残ってるが、それ以外の地域や国の王は記録が無い」


っちゅうことでんな~。

 それに、倭王武は宋の順帝から西暦478年に
「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王」

に任じられているのに、

「秦韓・慕韓諸国の王が伝わっていないし、そもそも新羅・百済以外の秦韓・慕韓諸国が有ったことになってない」

のねんよ。ま、卓淳国王さんは一人だけ、末錦旱岐(マキムカンキ?)さんっちゅう名前が判ってるけんどもね・・。この末錦旱岐(マキムカンキ?)さんも神功皇后さん絡みで日本書紀に出て来るけんども、

「・・なんだかな~・・」

な内容なんで、ここでは触れんけんどもね~。



 卓淳国も比自㶱も、そんな秦韓の国、もしくは秦韓に引っ付いた弁韓と混在した地域の国なのねん。新羅に地理的に近く、歴史的に新羅に蹂躙されていたと思われる国なのねん。


 神功皇后さん(将軍の荒田別さんと加賀別さん)が

 比自㶱(ひじほ)、南加羅、喙国(とくのくに)、安羅(あら)、多羅(たら)、卓淳、加羅の七カ国を平定

したっちゅうのんは、


 その国々への新羅の影響力を排除し倭国連合に組み入れ、屯倉(官家)を創った・・っちゅうことでっしゃろ?天日矛さんが垂仁天皇さんのところにいらしたっちゅう古事も、

× 新羅から来た王子
〇 新羅を経由して来た比自㶱(ひじほ)の王子

なのねんな~・・。何せ、天日矛さんは「あめにちほこ」さんと読めるのねんで、

「天」=「日」じゃぁ無いとしても、

「比自㶱(公・子)」=「ひぢほこ」

でんがな~・・。「ひ」と「し」と「に」は、非常に微妙でね~・・クルクル、入れ替わってしまうのねんな~・・7時を「しちじ」と言いたくても言えず、「ひちじ」になっちゃう地域の方も多いでっしゃろ?それに「ぢ」や「じ」は簡単に「っ(小さい つ )」に変化するでっしゃろ?さらにその頃の日本の発音は「清音」だったと言われていてね・・「濁らない」から、「ぢ」や「じ」はそれぞれ「ち」や「し」になるもんで、余計に「小さい つ」=「っ」に変化しやすいはずなのねんな~。

 それにね・・「日本」は「じゃぱん、じゃぽん」でっせ~?日本=JAPANなのねんで、ま、これは大昔の中国語だと「日」を「ジャ、ヤー」と発音したのに由来するみたいだけんどもね~・・。それに邪馬臺(やまたい)は「じゃばつ」だったのかもしれんしね~。


 だから、

「日本と言う国名の発音は、にっぽん、にほん、のどちらでも良い」

のはつまり、歴史がそうさせたっちゅうことなのねん。


 さて、じゃぁ、藤原氏はどうか・・っちゅうことになるのよねん・・。これがね・・もう判っちゃってるかもしれんけんどもね~・・。何となくはもう・・書いてまんがな~・・。それに、鹿島昇氏は馬韓の不斯濆邪国は、藤原国だと・・本に書いてるしね~・・。その辺は「日本 その3」に書いてると思うのねんで確かめてみてちょ~。


 だけんどね・・不斯濆邪国は馬韓だしょ?・・馬韓っちゅうのんは、百済が制した国でっせ?・・ま、倭王武は使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王だから馬韓(慕韓)も入っとるし、ファシレのおじさん自身「日本 その3」で、「ふじふぁら」なんて書いておいて思わせ振りなのねんが、

「不斯濆邪」=「不斯火」

で、「比自火」と非常に似た発音になることを思うと、関連無しとも思えんのねん。


 ただし、不斯濆邪国についちゃぁ、記紀からはまるで読み取れんのねん。上のように「不斯濆邪」は「ふしふんや」だから、「比自火」の「ひじふぁ」と似た発音なら、

「弁韓に有った不斯濆邪国が秦韓に移動して比自㶱・非時火になった」

もしくは、

「弁韓と秦韓は混在していたので、百済と新羅の争いでその境界が移動した」

っちゅうような可能性はあると思うのねん・・この辺は余り良く見えんのんで、自信は無いけんどもね・・。国は移動せず、その境界が微妙で、百済が強い時は弁韓に、新羅が影響力を発揮していた時は秦韓に・・ちゅうことかもしれんね~。その場合は、「不斯濆邪国=比自㶱=非時火=非自伐」っちゅうことになってしまうのねんよ・・。


 するってぇと、比自㶱・非時火は比自伐とも書くのんで「ひじばる」でっしゃろ~?・・「伐」は国とか地域っちゅう意味の新羅的な当て字で、現代日本語だと「原」(ばる・はら・ゲン)だし、「不」から「非」への転換が可能なら、比自㶱も「ふじはら」と同じ意味になってまうのねん。

「どっひゃ~!」

・・でっしゃろ~?


 でもね・・これを忘れてないかなん?

「橘」は常世の国に生える「非時香果」を持ってきた人・・


 非時香果は「比自㶱国」で有り、「藤原」だよねん?・・だから・・

「橘」は「比自㶱国」の「藤原」を連れて来た人・・

とは読めんかなん・・?


 それにね・・不比等ちゃんの中臣氏のご先祖さんに、有名な

「中臣烏賊津使主(なかとみのいかつおみ)さん」

 がいらっしゃるのは・・ご存知かもしれんね~。


 記紀によると彼は神功皇后さんの取り巻きで、武内宿祢さんに次ぐナンバー3の座にいた方でんな~。仲哀天皇さんが亡くなられた後、神功皇后さんの審神者(さにわ)として対馬から呼ばれたとされてるのねん。


 でね・・その烏賊津使主(雷臣)さんはその後、百済の女と娶って一男を生んだと・・されているのねんが、対馬の霹靂神社(いかづちじんじゃ)の明細帳に

「神功皇后の時、雷大臣・安曇磯武良を新羅に遣わし、雷大臣彼地で女を娶り一男を産む。名を日本大臣と云う。」

と書かれていたのねん・・。


「何?・・日本大臣?」


 ま、日本と言う地名はどこにも無いけんども、その名前を持ったその時代の方が一人だけ居ったのねん・・。「日本大臣」の読みは全く判らんけんどもね・・少なくとも、

「中臣--日本--藤原」

とキーワードを繋げることが出来るのねん。


 ま、続日本紀だと日本大臣じゃなくて、二人の子で大本臣さんと小本臣さんを生んだ・・と書かれてるけんどもね・・これは記紀の暗号と言うよりは、おそらく「罠(わな)」の類に過ぎんと思うけんどもね~・・允恭天皇さんの時、烏賊津使主さんは天皇さんの命令で現皇后の妹の衣通姫(そとおりひめ、そとおしひめ、そとおしのいらつめ)さんを迎える使者になり、 姫を后にしたのねんけんども、姉さんの皇后さんの怒りを受けて、

「藤原に屋敷をつくり、そこに衣通姫さんを住まわせた」

とされてるのねん。


 ま~・・14代仲哀天皇の皇后である神功皇后さんから、19代允恭天皇さんのお后さんまで手配するなんて・・

「・・何て長命なスケベ爺!」

って思っちゃうけんどもね~・・。長命過ぎて、


「第何代の烏賊津使主さん?・・日本大臣って名前の息子さんの立場はどうなん?」

だよね~・・。


 ま、この辺はやっぱりF原氏のお手盛り事件帖だしょ~・・。


 っちゅうところでお時間のよ~です。じゃ、またね~・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

にっぽん

お久しぶりなのであります。

怒涛のように一気に解明されちゃった日本なのだけれど、にゃん吉的にはついていけなかった……。

結局、日本は半島由来で、倭が無くなっちゃってるってことですよね?
無くなってるというか、頭が挿げ替わっちゃっただけで、そこに住んでる人が入れ替わったわけではないだろうけど。

いろんな人種が交じり合って今があるんだろうからね。

日本がブラジルだった……って言われても、にゃん吉は驚かないかもしれないです。


話は変わって、久々にファシレのおじさんの松果体ファイル2を聴いてたです。
イヤホンで。

でも、あれ? あれ? なんかうねってる。

揺らぎが入ってるはずないのに、うねりが聴こえてしまうです。
入れてないですよね?

たぶん、にゃん吉の頭で勝手に無意識に作った音程とファイルの音程のせいでうねってると思うのだけど。

……でもですね、なんか頭がスッキリなのです。


Re: にっぽん

にゃん吉さん

 いつもコメント、有難うございます~~

> お久しぶりなのであります。
> 怒涛のように一気に解明されちゃった日本なのだけれど、にゃん吉的にはついていけなかった……。
> 結局、日本は半島由来で、倭が無くなっちゃってるってことですよね?
> 無くなってるというか、頭が挿げ替わっちゃっただけで、そこに住んでる人が入れ替わったわけではないだろうけど。

 そんな感じ・・でんね~。ま、後の記事で、「大どんでん返し~♪♪」が有るとか無いとかはまだ言えんけんども、少なくとも「日本」っちゅう名称の由来は半島に関連しとるっちゅうことでんな~・・っちゅうか、半島も列島もごっちゃだったのねんな~。今の日本人には、そんな感覚が信じられん・・っちゅうだけのこっちゃねん。

> いろんな人種が交じり合って今があるんだろうからね。
> 日本がブラジルだった……って言われても、にゃん吉は驚かないかもしれないです。

 そう・・勿論、色んな人種で今の日本人は出来てるのねんで、「日本は単一民族の国」なんぞと言うのはおこがましい・・と言うか、一部の方々が都合の良いようにするために言い出したことでんねん。


> 話は変わって、久々にファシレのおじさんの松果体ファイル2を聴いてたです。
> イヤホンで。
> でも、あれ? あれ? なんかうねってる。
> 揺らぎが入ってるはずないのに、うねりが聴こえてしまうです。
> 入れてないですよね?

 ん?・・何もやってないす~・・。周波数を変えたブザー音だと思ってもらって良いですね~。ただし、録音再生はソフトや機器に影響されるのんで、精度を求める部分は周波数だけ・・意外にパソコンのクロックは安定してるのんで、大丈夫かな~と思うんやけんど。

> たぶん、にゃん吉の頭で勝手に無意識に作った音程とファイルの音程のせいでうねってると思うのだけど。
> ……でもですね、なんか頭がスッキリなのです。

 あとは聞き方も有って、「ウネリ」を感じると言うのはちゃんと聞けてる可能性が大きいと思うのねん。その周波数の音を身体に入れようとしてるから、完全に共鳴する部分と、ズレの有って完全には共鳴しない部分とで、それが発生すると思うのねんな~。

 ま、この辺りは完全には解明できていないのねんけんど・・単純には判ってはいても・・でも、実際は複雑に絡み合っているラインの内の1本だけを対象にした周波数のはずなのねんで、それでオッケーと思うのねんな~。ファシレもあの音は「わ~ん、わ~ん」となるもんで・・大丈夫でっしゃろ~・・。

 またコメントくださいね~。有難うございました~。

大どんでん返し?

今日は土曜日。
比較的、仕事もスローペースなにゃん吉でございまする。

で、『大どんでん返し』、巨人の星の名台詞だ。

さらにややこしく展開するのかなぁ……。
にゃん吉的には、その民族というよりも、その土地が持つ意味合いの方が大きいと思ってるです。

北半球に限って言えば、北の地域は寒く、「食」を確保するのも大変だし、「住居」もより強固じゃなきゃいけない。
でも南の地域は「食」も豊富で、時間の感覚も曖昧になるくらいのんびり。
そういう昔の状況なら、南から北に攻め入ることは少なく、北から南下してくる方が多かったはず……と思うです。

北は勤勉だけど利己的。
南は怠惰だけど寛容。

人を育てるのって、「血」よりも「土地」の方が比重が大きいのかな……って思うです。


音に関して質問です。
視覚って簡単に反転しちゃうけど、音も反転するですか?

視覚は、黒を背景にしてネガを見続けて、いきなり白背景に目線を移すと、さっきのネガ画像の残像がポジ画像になって見えるです。

これと同じようなことが聴覚でもあるですか?

ひとつの音をずっと聴き続けて、それが違和感なくなった時に音を消すと、反転した音が聴こえるとか……。

最近、現実の音と頭の音がわけわからないことになることがあるので観察してるのだけど、よくわからないです。

Re: 大どんでん返し?

にゃん吉さん

 いつもコメント、有難うございます~~

> 今日は土曜日。
> 比較的、仕事もスローペースなにゃん吉でございまする。
> で、『大どんでん返し』、巨人の星の名台詞だ。
> さらにややこしく展開するのかなぁ……。

 さぁ~・・どうだしょ・・。もう少し取りまとめて書くつもりではいるのねんが、記事的にはある程度は歴史的背景を知ってないと全然面白く無い・・っちゅうか、訳が判らん・・っちゅう方が多いようなのんで、大きなトピックに絞るかもしれんす・・。大どんでん返しは敢えて書かんかも・・。

> にゃん吉的には、その民族というよりも、その土地が持つ意味合いの方が大きいと思ってるです。
> 北半球に限って言えば、北の地域は寒く、「食」を確保するのも大変だし、「住居」もより強固じゃなきゃいけない。
> でも南の地域は「食」も豊富で、時間の感覚も曖昧になるくらいのんびり。
> そういう昔の状況なら、南から北に攻め入ることは少なく、北から南下してくる方が多かったはず……と思うです。
> 北は勤勉だけど利己的。
> 南は怠惰だけど寛容。
> 人を育てるのって、「血」よりも「土地」の方が比重が大きいのかな……って思うです。

 その通り・・すね~・・。ただし、天変地異でど~にもならずに南から北へ向かった者たちも多くいるし、「約束の地の契り」っちゅうパターンも有るようだす・・。

> 音に関して質問です。
> 視覚って簡単に反転しちゃうけど、音も反転するですか?
> 視覚は、黒を背景にしてネガを見続けて、いきなり白背景に目線を移すと、さっきのネガ画像の残像がポジ画像になって見えるです。

 あ、ファシレは年の性か、夜はちょっと何かを見て、その後暗いところを見ると、確実に前の物体の形状が残ってるだす。おまけに・・おそらく別の目で自分の脳幹の一部を見ちゃう時が有るようで、これが出だすと現実の物が非常に見にくい・・ま、ある程度の明るさが有るところでは気付かないほどなので、さほど不都合じゃ無いんだすが~。

> これと同じようなことが聴覚でもあるですか?
> ひとつの音をずっと聴き続けて、それが違和感なくなった時に音を消すと、反転した音が聴こえるとか……。
> 最近、現実の音と頭の音がわけわからないことになることがあるので観察してるのだけど、よくわからないです。

 反転はしないかなぁ・・音の残像は結構な割合で残ると思うっす。ファシレの場合、何も無いのに突然、「キーンコーンカーンコーーーン・・・♪♪」と、小学校のチャイムが聞こえ始め、延々と頭の中で鳴り始めて止まらん時が有り・・

「・・ん?・・そろそろあっちからお迎えが来たか~~?」

とちと焦ることが多いす・・。空を見上げて、またUFOが出やしないかとチェックしたりして・・(^^;; ただ、最近はそっち系は結構平穏っす。

 にゃん吉さんの場合はおそらく、それと似たような感じかな~・・それと現実の音と、ずっと聞いてた音が3つほど入り混じってるんじゃないかと・・。違ったらすまんです~~。またコメントくださいね~・・有難うございました~~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ひな祭り

26さん

 コメントをいただきまして有難うございました~~。鍵付きコメントでしたので、いただいた内容は引用しないでお返事させていただきますね~。

 古代史は非常にムズイですね・・。でも日本人ならポイントポイントで、何かしらのアクションを覚えていたりしますので、そんな部分とつながれば、少し判り易いかと思います~。

 橘は不思議な植物で、食べるには酸っぱすぎる・・し、不老不死の成分は無さそう・・、でも「ひな祭り」では右近の橘、左近の桜で御所を再現していますよね・・。要は右近之介が橘で、左近之介が桜・・右近も左近も御所(天皇)の守り人なんですね・・。昭和で言うところの近衛師団、近衛兵・・でしょうね~。

 橘氏は、
 708年11月25日、元明天皇の大嘗祭に際して、天武天皇治世期から永く仕えてきた三千代の功績が称えられ、橘の浮かんだ杯とともに「橘宿禰」の氏姓が賜与
by WIKI
されたことになってますんで、今回の記事との関係は大有りでしょう~。

 それに、神奈川には昔、橘樹郡(たちばなぐん)が有りまして・・、また、弟橘姫の古墳と伝わる川崎市の橘樹神社 (怪しい部分もおおいにありますが・・)も有りますんで、そことも関係は有ると思います~。この件はいずれ書くかもしれません・・。

 またコメントくださいね~・・有難うございました~。

オバハンの妄想

フアシレのおじさんこんじちわ、山田さんのブログ読んで衝撃でした、聞いてみたいことだらけになりました。山田さんのブログ再開しましたね。ファ知れのおじさんのコメントに気になることが載っていたので、本人に聞いた方が早いこちらに投稿させてもらいますネ(的がはずれてたら聞き流して無視してください。あまりにもしょうもないことかもしれません〜)

「日本の歴史が見えて来たら世の中のことすべてが見えてくる」というのがだんだん点と線がつながってきました。私前までは歴史に対して100に大して0。01ぐらい(たぶん、歴史大嫌い、勉強大嫌いやから)の理解でした。でもだんだん0。1ぐらいになってきたのでは?と思いつつ、これは真実をみなさん無視してはアカンやろということになってきました。(何でかゆうたら、おかしな人が増えて来たからでしょうネ、いやいや、世の中の仕組みがおかしくなってきてみんなストレスだらけになってきたから)

山田さんがこれからは人間が覚醒したら特別な存在(神さん)に頼るとことはないということで、私は安心したんですよ。もーなんかに頼る必要はないんや、お金や何か(神さん、または見えざるすぴいりちゃるな何か)に頼るなんかいやですと思いつつ。天皇制についてどうでしょう?わたしは右翼ではないです。

今とある右翼の人のブログのあまりにも文章力のオモロさにはまって思わず読んでしまいます。そして左翼の人のブログも読んではまってしまいます。わたしはおかしいんでしょうか?(ミーハーなのかもしれません)

とゆうことでファ知れのおじさんの、空き四宮さんの二台目以降のお話にくいつきました。右翼の人のブログは空き四宮さんプッシュで、等寓の矢不億事件や実子でないことや煎餅楽界とのつながり、そしてみ近さんのあまりにも謎な出生とカエダマ(それは明らかそうでしょう)でちょうびっくりだったんですが、一番始めに興味持ったのが巻こさんとコムロさんの婚約の時でした。わたしの直感です『あーこの人だんなさんやったら、巻こさん生活に困ってスーパーマーケットのイオンにのレジで働いてたらどーしよー』(いやいや、ゲスの庶民の妄想&よけいなお世話でんねんけど)がわたしの直感でした。(しょうもなくてゴメンなさい)ということで、貴族さんは皆が替え玉に見えて来て、新光期墜楽事故のいろんな噂にきまして(ふつうのオバハンが知りれるわけでなくホントのことしりたい)何か真実の手がかりあればと。(巻こさんも替え玉ですネ)

右翼の人と左翼のひとの話では右翼の人の信憑生が高く感じます
質問です(もし知っておればばおしえてー)

①右翼の 天皇は自然災害を収めるのと日本国民の繁栄の司祭である?(もしそれがほんとーならば祈ってほしーわ。ありがとう。わたし全然霊感ないし)
②み近さんは国内を破壊するためのエージェント?(外国からのやらせの人ですよね)
③空き四宮さんは幣制点凹の子ではなく笑話天応の子である?(左翼は空き四宮さんはお付きの侍従の人の子といっている)
④サンカとは何か。くろかも(って何?)ですか?
⑤倭人は朝鮮半島にも住んでいましたよね?(今は済州島?)今の朝鮮人のルーツはエベンギ族でなくワイ族と思うのですが、知っていることおせーてー
⑥ワイ族は寄生虫により精神疾患や近親相姦が進んだのではないかと思うんですが単なる妄想でしょうか
⑦日本人が朝鮮人より体格が悪い(これを検索しても「ハ?この朝鮮人め!お前ら朝鮮人の方が短足なんだよ!」しか出てきませんでしたが、実際観光に来ている朝鮮人は全員ではありませんでしたが日本人より3〜4センチ平均高く感じられました。ちゃんと栄養を取っていたら体格もそんなに変わってなかったのでは?くやしーと、日本人の体格悪くさせられるのもプロパガンダの一環ではと思ったのですが、山田さんにメールしたら見事に無視されました)のはタンパク質の摂取量が少なかったのではないかと思います(昆虫食で補えないでしょうか)
⑧結論をいえば(これ一番怖いですが)今の天応毛(魔さ子さん除いて)空き四宮さん、木子さんまで皆が替え玉ですか?
⑨笑話天応と日光期ついらくジコの関係は?(笑話天応が日光期ついらくジコの機内貨物のグランドピアノにとじ込められて暗殺されたのと、笑話天応が手呂事件の首謀者で新光期ツイラくを指示したという話2つを今のとこ読んだけどホンマは何かわからない)
⑩天応の隠しザイサんは判子を持っている人しかおろせない。それは空き四宮さんか幣制天応の弟さん?(そのザイサんは国民のためと笑話天応は言ったそうだか、今使わへんかったらいつつかうの?ずっと隠し続けるつもりやろ!だって不況の国民からの血税で生活してるやん)

ざっとでてきた疑問です。とりとめのないこと書いてもうしわけございません、あまりにしょーもなかったら無視してください。大阪のオバハンの妄想です

Re: オバハンの妄想

よしえさん

 フアシレのおじさんです。コメントをいただきまして有難うございました~。

 いや~・・話し辛いことをビジバシお尋ねになられますね~・・でもファシレも知らないことが沢山有りますので・・

1.これはそうですね・・見方によっては違って見えるかもしれませんけど。元は祭祀が本職です・・いつの間にか一族の(国家と言うか集団のための)祭祀祈祷から、代々の皇族の祭祀に変わっちゃってますけどね・・。まぁ、きみ、おみ、たみ・・全てが一族だった訳ですね~。血のつながりに対するこだわりは今ほどは無いんですね~。「生きること」が大変だったんですね~。

2.判りません・・

3.見てないので判りません・・見ようともしてないけど・・(^^;; でも、そのようなことは歴史の中ではとんでもなく多く有ったと言えます・・し、そうなってしまったから、それを戻そうという力も働いてました。

4.おおきみ 直の配下の者たちでした。「たみ」です。くろかも?・・は知りません。そっちは山田さんの方が知ってる可能性有りですね。

5.・・ん~・・パーセンテージはかなり違うにしても、日本人も絶対に混じっていないとはとても言えませんからね~。半島人も滅茶苦茶混じってるはずです。それよりも近親でのxxxxが何代も続くほどの、大陸の大国への隷属被搾取貧困があちらでは大問題だったのではと。

6.・・5に近いですね。

7.それはきっとそうでしょうね。

8.・・さぁ・・判りません・・

9.・・どうでしょう・・無さそうですけどね。

10.少なくとも判子は関係ないんじゃないでしょうか・・(^^


 余りお答えできなくてすみません・・知らないことが多いですね。でも書けないことも多いです。

 只今充電中につき、そのうちにまた復活しようと思ってます・・よろしくです~!コメント、ありがとうございました~。

ありがとうございましたぁ!

わたすも色んなネット情報聞きかじりで、実際そこに居合わせたわけではないので、何とも分からんことだらけでして、色んな説を書いてる人は歴史を改ざんしたひとと同じように、都合のエエことしか言ってないかもしれませんネ。

みんなの心にひびく真実が早く明らかにされたら人々の意識も変わっていくだろうと願い、けったいな妄想投稿いたしました。

あとひとつ、やっぱし来無序運ンさんは北朝の点のう毛のチを引くのでそーゆーことですか?その後、生き残った日差比とさんかその子がでてくるとか?ですか?なんども投稿すんません。今、ごっつう硬質問題にはまってまして、、、、オホホ…

Re: ありがとうございましたぁ!

よしえさん

 返信いただきまして有難うございました~。

 なんだかんだ言っても人間、お腹が減ると機嫌も悪くなり、本当に喰えなくなると、何をしでかすか判りません・・。寄ってたかってなんとか生きてくのが本性なのでしょうし、そんなお山の大将、来る者拒まず去るもの追わずの大親分は、仮にお手盛りに私腹を肥やしても許されてたとしても、手下の危機やテリトリーの侵犯を見ぬフリしたら終わりな訳ですね・・。大きく分けるとすればその2つに女絡みを足したのが大義かなぁ・・下世話な話しですが・・結局歴史はそんなものかもしれません。

 そんな歴史の真実で人の意識が変わるかどうか、ファシレには全く判りませんが、

「なんだ・・そうだったのか・・あ・・そうだ、そうだった。そうだったな!思い出した!」

と心から込み上げてくる至福な感情が生まれた時、様々な雑多なものから解放されるんだろうと・・。


 カリアゲさん関係はどうでしょう・・ファシレの口からは何とも申し上げようの無いことですが、その辺も山田ブログが詳しいかと・・(^^;; すみません・・純粋に倭の歴史をトレースしたいので、余分なものは見ないようにしてまして・・

 またコメントくださいね~、有難うございました~。

歴史研究がんばってください〜

お忙しい中、お返事ありがとうございました^^v-20
なんとなくファシレのおじさんのお返事の意味がわかったようなきがします。

次の記事も楽しみにしてます〜またよろしくお願いします、バイナラ〜(v-222v-222
プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR