スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古田せんせい・・さよちゃん卑弥呼の件ですが~!





ちょっとだけ加筆、見やすくしますた!10/24

 九州王朝説や多元的古代史観で古代史の世界を紐解いていらした古田武彦さんが先日亡くなられたそうなのねん・・。お悔やみ申し上げまする・・。

 ま、ファシレのおじさんは古田せんせを尊敬しとるけん・・ばってん、お会いしたことも、著作をギシギシ読んだことも無い・・でも、誰にどんなに罵倒されようが構わず、仮説を適切に立てることで敵も味方も巻き込んで、ちょっと前なら不敬罪で獄門行きになったかもしれないアンタッチャブルな古代史の解析を進められたのは理解しとるつもり・・なのねんな~。

 何が正しいのか・・何が間違いなのか・・を知りたいのねん。でも誰が正しかった、どいつが悪かった・・っちゅうのんも絡んでくるけんし、

「・・・悪い奴っちゃな~・・・F原氏!」
「・・ざけんなよ~・・百Rと新R~!」

と思ったところで、おそらくわしらはその子孫じゃけんね~・・。もう交わってしまっとるけん・・ど~しょ~もなかこつ。

 だから、真実を知りたい・・と思うのねんな~。


 ところで、「倭の歴史」もしばらくは書いてないけんど、ど~もね~・・どう書いてよいか判らんばってんね~。悩んでおったけんども、古田さんが亡くなられたもんで、

「ま~・・この部分は書いといた方が良いかな~!」

っちゅう部分をだすな・・今回は書かせて貰おうと思うのねん。


 以前の記事で、「親魏倭王」の金の判子を、中臣氏系のA氏を継がれたお方が・・

「あたしんちにあったよん・・某皇室に取られちゃったけんど~!」

と・・申してたと・・書いたのねん。

 ま~ね~・・そんなこと言ったって誰も信じやせんかもしれんけんどもね~。

 だけんどね・・こんな風に見たら・・どうかなん?


 例えば・・魏志倭人伝・・っちゅう、古代中国の記録があるのねん・・。ここにはね・・こう書いてある。



南至邪馬壹國、女王之所都、水行十日、陸行一月。 官有伊支馬、次曰彌馬升、次曰彌馬獲支、次曰奴佳鞮。可七萬餘戸。

南に水行10日と陸行1月で女王の都のある邪馬台国に至る。官に伊支馬(いきま)、弥馬升(みましょう)、弥馬獲支(みまかくき)、奴佳鞮(なかてい)があり、推計7万余戸。
by WIKI


「 帯方郡から南に船で10日、陸を30日ほどで女王の都の邪馬台国に行ける 」

 まぁ・・ここはちょ~めんど~なので、取り合えずここでは取り上げんのねん。


2015.10.26加筆

 取り上げん!・・と書いていたが・・、これだけはちょっとだけ・・書いとこ~!

南至邪馬壹國、女王之所都、水行十日、陸行一月。

 これをね・・何故かね・・こんな理解でいるらしいんだけんどもね・・これは「ちゃうちゃう」のねん。

南至邪馬壹國、女王之所水行十日、陸行一月。

 これが正解。


「南に船で10日、陸を30日ほどで女王の都の邪馬台国に行ける 」

じゃぁ無いのねんよ。だめだめ・・でんな~。


「南(行)で女王の所の邪馬台国に至る。都合、船で十日、陸を行くこと一月。」


 「都」は女王の都の「みやこ」っつ~意味じゃぁ無いのねん!

「都」は・・日本語だと「都合」「全部で」「みんなで」っちゅう意味。今の中国語でも「都」は「みんなで・・」っちゅう意味で変わらん・・。それを日本語感覚の「みやこ」にしちゃうもんでね・・邪馬台国の場所が変なことになっちゃうのねんよ~。

 だよね~・・

加筆終り



 で、問題はその次・・。比較的ね・・簡単に記紀に書かれた人が出てきてるのねんよ。だけんども、ほぼ誰もね・・そのことをイワンの馬鹿ん・・

 ちゃうちゃう・・言わんのねん。


 ま、記紀の歴史と全然「ちゃうちゃう」なのんで・・言わんのかの~・・不思議やの~。

 じゃ・・行ってみよ~!・・もとい・・言ってみよ~!


官有伊支馬 = 官が有る・・名前は伊支馬

 これは・・第11代天皇の垂仁天皇(すいにんてんのう)さん・・でんな。

 活目入彦五十狭茅尊(いくめいりびこいさちのみこと)・活目尊等と称され、『古事記』には「伊久米伊理毘古伊佐知命(いくめいりびこいさちのみこと)」、『常陸国風土記』には「伊久米天皇」、『令集解』所引「古記」に「生目天皇」、『上宮記』逸文に「伊久牟尼利比古(いくむにりひこ)大王」と見える。『日本書紀』、『古事記』に見える事績は総じて起源譚の性格が強いとして、その史実性を疑問視する説もあったが、近年においてはその実在を認めることが多い。
by WIKI

 そ・・イクマさんかな~・・イクメさんか・・ま、どっちにしてもドンピシャだしょ。



弥馬升(みましょう)

 第10代天皇であらせられる崇神天皇(すじんてんのう)さん・・でんな。和風諡号は『紀』では御間城入彦五十瓊殖天皇(みまきいりびこいにえのすめらのみこと)。また、御肇國天皇(はつくにしらすすめらみこと)と称えられる。『記』では御真木入日子印恵命(みまきいりひこいにえ)である。
by WIKI


 え~・・時代は戻っちゃってますな~。親子っちゅうことですかな~。日本書紀は御間城・・と書いてるけんど、他の(古事・常陸風土)記の意図するところは・・何だかな・・どうしてもミマキ・・と・・読ませたいのでっしゃろな~。


弥馬獲支(みまかくき)

 日本書紀によると・・人間じゃ無いのねん・・これは、崇神天皇(すじんてんのう)さんのお宮になっとるのねん。

都は磯城瑞籬宮(しきのみずかきのみや、奈良県桜井市金屋の志貴御県坐神社が伝承地)。『古事記』には、「師木の水垣宮(みづかきのみや)に坐しまして、天の下治めらしめしき」とある。
by WIKI


 記紀の「瑞」「水」は「みま」・・でんな~。魏志倭人伝の方は弥馬獲支(みまかくき)じゃのうて、「みまかき」・・。読みを当ててるもんで、基本、古代中国語の発音で「獲=かく」は・・無いだしょ。ま、ちっちゃく発音したのかもしれんけんどね~。

 記紀を離れると・・いんや、記には出て来ないお方がいるけんどもね・・何と、さよちゃん卑弥呼のおっかけをやってたっちゅうニギハヤヒさんの四世孫、もしくは六世孫の

 大水口宿禰(おおみなくちのすくね/おおみくちのすくね)さん

 がおるのねん・・

穂積臣(穂積氏)の遠祖とされる。『古事記』に記載はない。
by WIKI


 この人・・結構なお方でね・・まぁ、いつかこの辺も書きたいけんども、


末羅国造 - 志賀高穴穂朝(成務天皇)の御世に穂積臣同祖の大水口足尼の孫の矢田稲吉を国造に定める。のちの肥前国松浦郡周辺にあたる。
by WIKI


と有ってね・・魏志倭人伝が書く邪馬台国の位置の特定にも関わってきて・・おっと脱線・・とりあえず、ここはここまで。

 

で、最後のは・・

奴佳鞮(なかてい)

 これがね・・難題なんだい・・ギャグだい・・。「鞮」の字をどう読むかなのねんが・・「テイ」・・・かなん?・・でも・・読みを当ててると考えりゃ大抵の場合は「一つの音」・・。

 でね・・これは「つ」と読むのねんよ。だから・・「なかてい」じゃ無くて「なかつ」


「なかつ」




 つまり「ナカツ(オミ)」・・で「中臣」


「中臣!」


 そう・・中臣氏なのねん。中臣氏はさよちゃん卑弥呼の時代、邪馬台国の官だったのねん!

 だから、中臣氏系のA氏が「親魏倭王の金印」を持ってても全然ね~・・不思議でも何でも無いのねん。問題は、こんなに安易な推論みたいなもんが、歴史なんぞ超シロートのファシレのおじさんでも仮説できるっちゅうのんに、・・・ま~超安易な推論に過ぎんがの~・・

「みんな黙っとる!」

っちゅうことなのねんな~。知っててか知らずか・・


10代~11代の天皇さんとされるお方が女王国の官だった!

藤原氏の祖とされる中臣氏も、さよちゃん卑弥呼の官だった!

っちゅうことなのねん・・。・・ま、あくまで日本での既知の史実とされてることに当てはめただけだけんどもね~。判りやすいだっしょ~・・?


 ご冥福を祈るのねん・・じゃぁまたね~アディオ~ス!バイナラー!チャオ~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

歴史

どもども、にゃん吉です。

歴史って不思議。
真実のようで真実でなく、辻褄合わせのように後でコロコロ変わったり……。

利害関係の全くない、第三者(第三国)の資料が、一番本質をとらえているのかもしれないですね。

ファシレのおじさんが気づいていることを全部聞いてみたいけど、公に書くといろいろ不都合なこともありそうなので、小出しにして進めるのを楽しみに待つことにするです。

……そういえば、もうずいぶん昔の話を。
にゃん吉は鹿児島なんだけど……、鹿児島って言えば薩摩藩主、島津なんだけど……、策士でいろいろやってたってことは有名だと思うのだ。
鹿児島の方言がきついのは、政策の一つだって言われてて、余所者を容易に入れないため。スパイに容易に探らせないって。
で、ですね、鹿児島は【オレオレ詐欺】最近は【ウソ電話詐欺】だけど、被害が少ない。
ちょっと古いデータだけど。
http://todo-ran.com/t/kiji/15316

策が現代にも生きている……って、島津を褒めるコメじゃなかったんだった。

昔聞いた外国の方の話で、船(たしかヨットだったと思う)で鹿児島の港に向かうと、海流の関係で大隅半島(右側)に着きやすい。
でも実際は、薩摩半島が主要港になってる。

ずーっと古い時代、航行の技術も未熟だった頃は、航路は今と違っていたし、栄えてた土地も違ってたと思うです。
歴史に葬られた遺跡も多いんじゃないかって思う、にゃん吉です。

ども~。
「さよちゃんの官」
いや~。しっくりきました。
それだけなんですが、書きたくなりました。笑

ひるこの官

こんなに早く次のブログが更新されているとは・・・(;゚Д゚)

いつもはあんなに毎日チェックしているのに、土日が入ってうっかりしてしまった。

倭の歴史復活楽しみにしていました。

中臣、藤原が、さよちゃん、卑弥呼、ひるこの官だったわけですね。
ほんと、毎回思うんだけど、名前の漢字っていいかげんですよね。
神様の名前とかもいろんな漢字の書き方で書かれていますよね。

またまた面白い!♪
ファシレさんもお忙しいとは思いますが、つづき楽しみにしているのねん。。。(^◇^)

ぶたくさ

何故か、コメントが投稿できない???
4回目のチャレンジ、ちょちょいと文章を変えて・・・投稿できるか?

ブタクサの花粉でくしゃみと鼻水が止まりません。
主人は目がかゆいようでグリグリこすっています。

さて~、何の花でしょう?

http://homepage2.nifty.com/shichiya/blog021_003.jpg

すぐわかるかなぁ?

No title

やっと投稿できた。こんどはおぱいのほうで比較して、何と何の花だ~?
と、出してみては・・・(^^♪

Re: 歴史

にゃん吉さん
 いつもコメント、有り難うございます~。

> どもども、にゃん吉です。
> 歴史って不思議。
> 真実のようで真実でなく、辻褄合わせのように後でコロコロ変わったり……。
> 利害関係の全くない、第三者(第三国)の資料が、一番本質をとらえているのかもしれないですね。

 そ~ですね~・・ま、国内向けに都合の悪い記録は消されるか、絶対日の目が出ないようになってるんですね~・・。

> ファシレのおじさんが気づいていることを全部聞いてみたいけど、公に書くといろいろ不都合なこともありそうなので、小出しにして進めるのを楽しみに待つことにするです。

 え~・・結構、バラバラに書いてるのんで、全体を見通すのは難しいかもです~。ま、そのため矛盾もかなり有りますが~・・


> ……そういえば、もうずいぶん昔の話を。
> にゃん吉は鹿児島なんだけど……、鹿児島って言えば薩摩藩主、島津なんだけど……、策士でいろいろやってたってことは有名だと思うのだ。
> 鹿児島の方言がきついのは、政策の一つだって言われてて、余所者を容易に入れないため。スパイに容易に探らせないって。
> で、ですね、鹿児島は【オレオレ詐欺】最近は【ウソ電話詐欺】だけど、被害が少ない。
> ちょっと古いデータだけど。
> http://todo-ran.com/t/kiji/15316
>
> 策が現代にも生きている……って、島津を褒めるコメじゃなかったんだった。
>
> 昔聞いた外国の方の話で、船(たしかヨットだったと思う)で鹿児島の港に向かうと、海流の関係で大隅半島(右側)に着きやすい。
> でも実際は、薩摩半島が主要港になってる。
>
> ずーっと古い時代、航行の技術も未熟だった頃は、航路は今と違っていたし、栄えてた土地も違ってたと思うです。
> 歴史に葬られた遺跡も多いんじゃないかって思う、にゃん吉です。

 薩摩ですよね~・・。魏志倭人伝に「投馬國」と出てきますが、これは間違い・・「投」じゃ無くて「殺」が正解で、写し間違い、聞き間違い、記録違いのどれかですね~。

 結構な具合で既存の知識としての日本史は間違ってると思いますよ~。明智光秀さんもね~。子孫の方もその辺りを言ってらっしゃる方がいますね~。

 港は、自分の国を守るために、ダミーと正規があったようですね~。それに鹿児島の歴史も凄いことになってると・・思います~。またその辺はまだ完全じゃ無いもんで~!その内に・・またコメントくださいね~。有難うございました~。

Re: タイトルなし

かえるさん~

いつもコメント、ありがとうございます~!v-402・・ご無沙汰をしておりまして、あいすみませぬ~。

> ども~。
> 「さよちゃんの官」
> いや~。しっくりきました。
> それだけなんですが、書きたくなりました。笑

 そうなんですよね~。魏志倭人伝には、さよちゃん卑弥呼とおっかけニギハヤヒ君、それに後の中臣氏さんがちゃんと出てくるんですね~。その内にその辺、書きますね~。コメント、有り難うございました~・・またよろしくです~!

Re: ひるこの官

ジュリーちゃん さん
 いつもコメント、有り難うございます~。3連発のレス、第一弾です~。

> こんなに早く次のブログが更新されているとは・・・(;゚Д゚)
>
> いつもはあんなに毎日チェックしているのに、土日が入ってうっかりしてしまった。
>
> 倭の歴史復活楽しみにしていました。
>
> 中臣、藤原が、さよちゃん、卑弥呼、ひるこの官だったわけですね。
> ほんと、毎回思うんだけど、名前の漢字っていいかげんですよね。
> 神様の名前とかもいろんな漢字の書き方で書かれていますよね。
>
> またまた面白い!♪
> ファシレさんもお忙しいとは思いますが、つづき楽しみにしているのねん。。。(^◇^)

 ま~・・さよちゃんは卑弥呼と呼ばれた、書かれただけで、きっと「さよ」ちゃんなんでしょうね~。藤原さんはど~か判りませんが、少なくとも中臣さんはそ~ですね~。「天のなんとか」「国なんとか」とおっしゃる神さん、天皇さんは「天の」「国」を取って考えてみると判りやすいですね~。

 また書きますね~。よろぴくです~。

Re: ぶたくさ

ジュリーちゃん さん

 いつもコメント、有り難うございます~・・

> 何故か、コメントが投稿できない???
> 4回目のチャレンジ、ちょちょいと文章を変えて・・・投稿できるか?
>
> ブタクサの花粉でくしゃみと鼻水が止まりません。
> 主人は目がかゆいようでグリグリこすっています。
>
> さて~、何の花でしょう?
>
> 『http://homepage2.nifty.com/shichiya/blog021_003.jpg
>
> すぐわかるかなぁ?

 え~・・裏技を使ったので、すぐ・・でも無いか・・判りましたよ~。せ~たかなんとかそ~・・ですね~。

 コメントできないのは、文章に「都合の良く無い形容・文字」が有る場合が多いようです・・。ファシレも何度か記事が保存できないことも有りました・・。ま~・・あんまりキツイ表現の文章は無いはずですけどね~。

 お大事にされてくださいね~!・・お肌に優しい「テッシュ!」を使いましょ~!有難うございました~。

Re: No title

ジュリーちゃん さん

 いつもコメント、有り難うございます~・・

> やっと投稿できた。こんどはおぱいのほうで比較して、何と何の花だ~?
> と、出してみては・・・(^^♪

 そちらはど~も中々時間が取れずに、見ているだけの人になってます~。も~年末までマラソン状態す~・・きびし~!・・またコメントくださいね~。有難うございました~。
プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。