「は~ぃ?・・ど、どなたですか・・?」




 またあの日が近付いてきた。でも何の気配も音も無く忍び寄って来た・・・のでは無い気がするのだ。この何日かの、とても平穏そうに思えるような暖かい日差しの中に、薄気味の悪い漆黒の暗闇と揺さぶられるような慟哭とが見え隠れしている。ファシレもまた、日常に紛れ込み歪んだトラウマを持った独りの人間なんだろうが、それにしてもこの空気感、漂う気配には、一触即発の前に見せる贋の平和的なものが支配しているように感じてしまうのだ。

「何も起きなければ良いが・・」

そう願わずにはいられなかった。



 少しセンチメンタルに始まっちゃいましたがいかがお過ごしでしょうか~?3月に入って関東は暖かい日が続いてるのねんが、何だかな~!・・・花粉に黄砂に化学物質に・・・っちゅうような不安定要素も含みつつ、未だダ ダ漏れの放射能は情報隠避されているような状況からいつの間にか原 発見直しの見直しだと、安寧な暮らしは難しそうでんな~。


 ファシレもこのところの忙しさと、情報精査に時間を取られて、パーペキな開示が出来ん状況で・・すんまへんな~!詳細が判るようになるに連れ、
「本当にそれで間違い無いか?」
「それを開示して問題無いか?」
などなど、結構な難問をクリアしないと何も書けない状況なのねん。判れば判るほど書けなくなる・・ドツボに嵌ってしまったのかもしれへんねん~!

 大体、人間なんぞは、生まれてから誰にも教えられずにやってしまうこと・・たとえば、

「息をする」

みたいなことに、大きな意味が有るのねん。息を吸ったり吐いたりするのは人間だけじゃないかもしれんが、人間が息をすることには、とても大事なことが含まれているんよ。ま、もっとも、こんなしょ~もないブログを読んでくださる方々は、そんなことには気付いてると思うけんどもね。

 だけど、
「息の吸い方、吐き方、その仕方」
なんぞ、誰にも教わってない。「歩き方」だって知らずに歩いてた訳だから、大人になってからデューク更家さんに教わった方を除いては、全て自己流だしょ?だけんど、そこにも大きな意味が有るのねんよ。


 それは、「意識」でんな。これには少なくとも二通りの意味が有るのねん。「そこを意識する」っちゅうのと、「意識をそこに置く」っちゅうこと・・。これは同じように思えて違うことなのねん。でも、普通に生活している限り、息を意識しながらするとか、意識をどこかに置きつつ息をする・・っちゅうのは、ヴォーカルだったり、金管木管楽器をプレイしてたり、ヨガをやったりしない限り・・無いのねん。


 じゃぁ、意識するっちゅうのはどういうことなのか・・それも重要なことなのねん・・。山田ブログでも「俯瞰」なんちゅう言葉が散々出てきたし、この音楽ブログ(!)でも良く出てきたのでここでは説明せんけんど、とても深~いことなんで、是非自問自答してみて欲しいのねんな。山田さんのブログの右袖リンクにある aquarians さんのブログも大いに参考になると思うのねんで、是非とも読んじゃってくんさいね~。ファシレのように砕け過ぎて読むにはちょっと恥ずかしい文章では無いのねんで、よろしく~。


 例えば息をどのように吸って、どのように吐いたら良いのか・・考えたことがあるだろうか?

「・・・そりゃぁファシレさん・・鼻か口から吸って吐くだけだしょ~?」

と答えるかもしれんが、

「浅~~い!」

と江川さん口調で突っ込まんといかんの~・・。

 それだけでも良いが、じゃぁ、

「どのくらいのリズムで、何秒に一回位、吸ってるの?吸ってるのと吐いてるのはどっちが長い?息を止めてるのは何秒?・・・会話の最中に息は・・」

「え~い!・・うるさ~い!」


 ほら・・・ね・・考えたことも無かったでしょ・・。息を意識したことさえ、そんなに多くないはず・・。走った後や運動後に、
「・・息切れしてる・・ゼエゼエ・・」
位のものだすな。ま、俯瞰・・でんな。


 でも、不思議じゃない?意識しないでも息をしている。血も流れてる。心臓も動いてる。食事をすれば胃も腸も動く・・意識しないで・・さ。


 意識して無くても出来てしまうこと、それを意識することは可也重要なのねん!以前のブログでも、ほんの少しだけ「ファシレ式呼吸」のひとつを書かせてもらったことが有るのねんが、

「脳トレが、意識を意識することから生まれる状態(次元)を最終目標にしているのに対し、呼吸を意識することは、意識していないことを意識することであり、どこかに意識を置いて呼吸をすることは、脳トレの呼吸版とも言える」はずなのねんな。細かく言えば、

1.通常生活において、意識することが不要な動作について意識してみる。
2.通常生活においては、やらないことを意識して俯瞰してみる。

の2点において、もしやってみたらど~なるのか・・っちゅうことでんな~。結果は判ってるけんどね。細かくは言えんけんど、少なくともそれまでの次元から少しズレることだけは確かかな~。


 まぁ、能力絶大なガイキチさんたちは、物質を変えてしまったり、遠隔操作や治療をしてしまったり、昔の偉人さんとお話して、現代に伝わる話しが、いかに嘘だらけなのかをファシレも聞いて知ってるのねん。ま、直接確かめる術は持ってはおらんけんどね。ファシレも、そうなりたい訳じゃ無いけんども、

「あれ・・・?これって・・?」
みたいな既視感・・デジャヴ的な感覚が無い訳でも無いのねんよ。

 つまり、ファシレが自身では、
「意識しないでやってしまっている、他の人には無い能力」
が有るような出来事が沢山有り、それを確かめるには、
「意識しないでやってることを意識する」
か、
「今までとは違うことを意識してみる」
ことで、知ることが出来るんじゃないかと思ってるのねんな~。



 ついこの間も、こんなことが有った。


 朝方4時頃に寝たのに、ガタゴトと物音がするのに気付いて目が覚めた。どうやら息子が帰ってきたらしい。まだ暗闇から、僅かに早朝の明るさが忍んで来た頃・・。クセで左側向いて寝ていたらしい。

「一体、何時に帰ってきたんだ・・?」
と、視線を上げて机の上の時計を見ようとして・・


「は~ぃ?・・ど、どなたですか・・?」


と声を出してしまった!

 なんとそこには机の上に乗った、フランス人形のような子供が、ファシレを見下げるようにしていらっしゃったのだ!・・本当に人形のようにピクリともしない。顔はフックラしていて、メンソレータムの写真の子供のように、旧式の白い看護服を着ているようだった。

 動かないでファシレを観ている・・でも数秒後、その輪郭が徐々に薄くなってきた。

「あれっ?・・いなくなっちゃうの?」
と思い、
「・・まさかこれも夢じゃないよな?」
と、机の上の時計を見ると朝5時35分。・・・そうだ、以前に奇妙なクルクル回る物体を見たときもこの位の時間だった。隣の部屋では息子がまだガタガタと音を立てて何かをしている。

「やっぱり・・夢では無い!」

 そう確信した時、彼女は消えた・・。そして戻らなかった。



 まぁね~・・こんなことばかりなのねん。UFOを見た時だって、真昼間の2時。それもおそらく10分ほど格闘していたのねん。山田さんも、ファシレが見たことには懐疑的だったのねんが(UFO自体には懐疑的ではないのねんよ)、この間の波動講習会では山田さんも初めて見て・・すっごい興奮してたのねん!アルザルのことは覚えてるくせに~!


 そんなこんなで、決してファシレもブログを引退した訳では無いのね。余り精査できてないけんど、色んなことが判ってきた。いずれ皆さんにも言える日が来ると思うのねんな。なので、時折ブログに遊びに来ておくんなまし~。コメントしてくれると嬉しいでんな~。では今日はこの辺で・・・バイナラ~!アディオース!チャオチャオ!


スポンサーサイト
プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR