スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなもん、いらんわ・・






 都知事選が週末に迫ってきたのねんが、メディアが取り上げる情報も何故か少なく、ましてや都民では無い者にとっては、

「あんたは・・関係無いだんべ?」

と言われてしまうのがオチなのねんけんど、何だかな~・・・、熊本のお殿様が元首相とタッグを組んで旧民主政権よりもさら踏み込んで「脱原発」を打ち出したっちゅう、大きなエポックを、ことさらに大きくしたくない現政権・・・、そしてメディアも間違ってもトラの尾を踏まんようにしてるように・・・、もしくは出来るだけ触れないように・・・、現状維持が出来るように・・みたいにしか見えんのんけんど・・どうだしょ?

 ただし、脱原発陣営も候補者を一本化できずに選挙に突入したし、原発推進派も、党を首になった候補者を立てるしか無い状況に加えて、東日本大震災で芽生えた意識の風化が有権者にも大きく影響しとるのかもしれんの~・・。

 ま、誰が都知事になったとしても、結局はさしたる違いは無いのかもしれんけんども、熊本のお殿様は旧華族じゃけんね~・・・陛下とはご親戚の間柄・・・ちっとは面白くなるかもしれんっちゅう、野次馬根性、興味本位だけしかないのかもしれん・・・とは思うけんど、やっぱり、核物質汚染の恐怖を忘れてはいかんとは思うのねんな。


 東日本大震災が起こったあの日、3月11日。津波が東北を襲った。誰もが安全だと信じていた東京の電力をかなり賄っていた発電所が次々に爆発した。

 そして放射能がばら撒かれた。気付かずに大量に浴びてしまった者達がいたんだ。


 じゃ、彼らはその後どうなったのか、メディアは報じたのだろうか?政府は?


 そう・・・何も報じて無いのねん。良いとこ、頑張ってた発電所の所長が体調不良で辞めた・・とか入院したとか。一年後に死亡したとか?・・そのくらいだっしょ?


 原発のセキュリティを受け持ってたのがイスラエルの会社だったとか、発電所のコンピュータにウイルスを仕込まれたとか・・いやいや、あの地震と津波を起こしたのは某国の原潜だとか・・はスピ系サイトで報じられてたけんど、マスメディアは汚染を強制された人々の事後調査さえ、ほとんどやってないのねん。


 あの、連続で爆発した映像を見ていた僕らは、今まで体験したことの無い恐怖を得たはずなのねん・・。それは・・


「種の存続さえできないようになるかもしれない」


というような、家族とか国とかのレベルを超越しなくちゃならないものだったはずなのねんよ。官房長官の妻子は日本を脱出してるとか、企業は東京の本社機能を関西に移し始めたとか・・、本当か嘘か判らんような・・でも、

「・・それはあるよな・・」

と普通に思えるようなことから、高次の意識によって放射能の無害化がなされている・・UFOがその作業をしている・・・みたいな、完全にスピ系ネタ情報がアチコチのサイトで見られるようになったのねん。


 ファシレのおじさんも実際、妻子を海外に行かせようかと・・真剣に悩んだし、まだ出会っていなかった山田一家は、生まれたばかりの「にこ」と小さな「いちこ」と、生んだばかりの妻と一緒にアパートで窓に目張りをして、ひっそりとシェルター生活をしてたのねんな~・・・。

 みんなも大なり小なり、似たような意識でいたと思うのねん。でもそんな意識から生まれた意識が・・薄れていると思うのねんよ。


 山田さんは、放射能は有る意味で必要・・とさえ言い切ってるし、ファシレのおじさんもそう思うのねん。・・いや、原子力発電所が必要だと言ってる訳じゃないのねんよ。判るよね~。

 しかし現状では、安全に制御できる技術になっていないのだから、暴走した場合に留められないのは東日本大震災で実証済み・・。これを忘れちゃいかんと・・思うのねんけんどもいかがだっしょ。

 どんなに高貴で高次な存在で有ったとしても、破滅的な事象からは身は守れんのね。暴走しはじめた原子炉から撒き散らされる高レベルな放射能からも身を守れんし、その影響はとんでも無く長い間持続するのねん・・。


 もしそれが、利権繋がりで存続するのであれば、

「そんなもん、いらんわ・・」

 と思うけんどね~。


 前の辞めた都知事さんも、とても優秀な方だと思ってたけんども、辞めた理由を聞くと実に残念なのねん。

「・・・あんたも・・かぁ~」


 人間だんだん年を取ると尊大になってしまうのかもしれんの~・・ファシレも気をつけんと・・。ま、何も偉ぶる理由が無いけんどもね・・。


 都知事選・・ある意味とっても楽しみなのねん・・。結果として誰が選ばれようとね・・。だから選挙権のある方々も、「誰がなってもさして変わらん」としても、集合意識の一旦を担っとるのねんから・・自身の意識に従って清き一票を投じて欲しいと思ってるのねん。

 今回のブログはま~・・・こんな感じで・・詰まらんかもしれんが許してちょ~よ。ではバイナラ~!アディオ~ス~!チャオ!
 







スポンサーサイト

「・・もすかすて・・サードアイ・・・っすか?」





人間の能力っちゅうものは、進化してるのか、それとも退化してるかと尋ねられたとしたら、どう答えたら良いのかと悩んでしまう部分はないだろうか?


 そりゃぁ確かに文化的・科学的には、少なくとも一応の進化は有ったと言えるかと思うのねんな。功罪有れどもインターネットなどはその一例とも言える・・ファシレのおじさんの子供の頃、始まったばかりのテレビ放送をみるため、白黒テレビを購入できる家なんぞは極僅かでな・・。隣家の「テレビを借りる」っちゅうことも、まま有ったのねんよ。・・いや、テレビそのものを借りるんじゃないぞ~!隣家がいかに優しい人たちだとしてもアンテナと一緒に持ってくるのが大変じゃけん。勝手に近隣のテレビのある家に上がり込んで、相撲やら野球やらニュースやらを見せてもらうのだよ~。


 それに、電話もアチコチにあった訳じゃないぞ~。無い家がほとんどだったから、電話のある家に頼んで電話を掛けさせて貰うんだな~・・。ところが、掛けた先も話したい相手じゃ無いのね。知らない家に電話をして、近所の家を呼び出してもらうのねんな~。


 昔のファシレの家にも電話が2本有っての~・・。1本は電電公社、もう1本は農協だったのじゃ~。電電公社の方の電話機には、ハイカラにも「ダイヤル」なんちゅうものが有って、それはみんなも知っとるじゃろ。でも農協の電話機にはそんなもん、付いてなかったぞ~。電話が掛かってくると、

「二百X十三番さん、二百X十三番さん!」

みたいに声で番号の呼び出しが有る・・。


「あ、うちに電話だ!」
と、自分のうちの番号が流れたら受話器を取って話す・・・今から考えればそんな長閑な時代じゃった~・・。


「・・あ、にいさん・・・。お待たせしました、じゅんこです・・。・・えっお父さんが倒れた・・?・・で容態は?・・病院はどこ?・・」


 そんな会話を他人の家でやってたのよ・・。重要な出来事でもないと電話は使わなかったしね。電報の方が多かったはず。でもそんな大事な内容を、聞きたくなくても聞こえてしまう電話の持ち主も妙に心配してしまったりね。だから、近所付き合いも大事じゃったし、通りを歩く人はほぼ全て、どこの誰かくらいは判ってたものなのねん。それが有る意味、防犯にもなり互助にもなって、ちゃんとコミュニティを形成していたとも言えるのねん。失った集合魂の名残りとも言えんかの~・・ま、単に「村」の名残りかもしれんが、完全に個人主義、ご近所のコミュニティ崩壊の今じゃとっても考えられん。

 因みに、その後に電話局に電話すると、その時の電話の料金を教えてくれての~・・その料金を掛けさせて貰った家に置いてくるのが常套じゃったと思うぞ~。

 だけんどたった半世紀前の話しじゃぞ~!それが今じゃ、LINEだ、スカイプだとネットを使った無料通話が当たり前の時代・・・そもそもインターネットなんぞは、その頃は想像すら出来んかったの~!失われたコミュニティの再形成がバーチャルで起こってるのねんな~!


 ま、だから、人間は進化してるってことになるのかもしらんが、本当にそうなのかの~?そもそも電話もLINEもスカイプも、さらにはインターネットも本当に必要なのかの~?言ってしまえば人間が退化した証拠になるかもしれんじゃろ?


 判らんかの~?・・まぁ、もしもの話しにはなってしまうのじゃが、少なくともソクラテスやプラトンの時代以前、人間は「集合魂的つながり」を持っていたとすると、直接話しをしなくても自分の思いを伝えられたかもしれん。動物的っちゅうか、昆虫類的っちゅうか、考える必要さえ無かったっちゅうか、出来なかったと言うべきか・・の~。ソクラテスの弁明っちゅうのも、ある種、独立魂と集合魂の戦い・・みたいに見えてしまう部分も感じるのじゃが・・どうかの~?今の個人意識と集合意識に例えられるかもしれんしの~・・。

 スピ的な部分では、目に見えない存在と話しをしたり、テレパシーで他の人と話せるようになったり、そのようなことが出来るようになることを期待するなんていうのも、歴史を積み重ねてくる段階で失ってしまった集合魂的能力を取り戻したいっちゅう希望が見え隠れするような気もするのねんな。


「ちょいと念じれば話しができる。」
とてつも無いようなことをやってたかもしれんっちゅう・・。だけんど、考えることを拒否して、リーダーシップのある者の言うことに従ってるだけの自我の無い人間たちがほとんどだった可能性も否定出来んけんどね~。

 ま、だから、進化なのか退化なのか、良く判らんっちゅう気持ちをファシレのおじさんは持ってるのねん。・・で、まるで関係の無いような本題にそろそろ入るのねんが、サードアイでんな~。全くおのれはいつも唐突じゃの~!


 サードアイ・・ん?三回目の愛じゃおへんのよ・・。ネットを調べてみるといろいろ出てくるの~。ここのチャクラが開くと直感力が増し、創造力に満ち溢れ、高次元の霊的存在とコンタクトが取れたりするそうじゃ。本当かの~?

 まぁ、山田さんとかエスパー女房さんとか、周りのガイキチさんたちを見てると、

「・・本当です・・」

と言いたくはなるが・・ちゅうか、本当なんじゃが、何しろ自分自身での実感が少ないのねんな~。ファシレは普通のおじさんに過ぎんしの~・・。山田さんたちも、ど~してそ~なったのか、全く判ってないので今のところは断片的にしか教えようが無いようなのねん。それに、ネット上を見ても判ると思うが、

「私はサードアイが開いていつも高次の存在とお話ししています。」
とおっしゃる方、

「サードアイを開いて高次の存在とお話ししよう!入会はこちら!」
みたいに書かれてるサイトとか・・


 そんなのは山ほど有るが、どうやったらそうなるんかときちんと説明してくれる人やサイトはいないのねんな~。

「・・なんだ~。結局、新興宗教勧誘か~!」

と理解するのがオチなのかな?と思うのねんよ。勿論、ちゃんとした修行をしている人もおられると思うよ・・。ただね~・・人間、どんなに生きられても7~80年・・・修行してる内に死んでしまうがな~と思ってしまうのねんな。ま、それが真理かもしれんしね。


 ところでファシレのおじさんも、唯一、そんな能力らしきものが有るとするならばだ・・、へんてこなものを良く見るっちゅうことでんな。その辺はこのブログのアチコチに書いてあるのでご覧いただければ判ると思うけんどね。ほとんどの方は信用しとらんと思うけんどもね。それに、昔から額の辺りはムズムズしていたのは事実・・。もしかしたら、僅かながらもサードアイ的能力を持っているのかもしれんと、ある意味ちっと期待していたりするのねん。


 山田さんと知り合って、このブログを始めてそろそろ1年・・・。まぁ目まぐるしい日々じゃったの~。そんなんで、結局は脳トレやら音階、音霊を研究する羽目になってから1年、気付くと目の前の奇妙な物体がクルクル回ってたり、知らない女の子に見つめられたりと、さらに酷くなってるようにも思うのねん。でもそれって、


「・・もすかすて・・サードアイ・・・っすか?」


 確かに、そう考えると色々と符号するかもしらん。UFOもそうだし、龍も・・グルグルも、女の子も・・その可能性が有る。・・いや、でも


「ど~してこ~も変な出来事ばかり起こるのよ!パート2」
で書いた記事だけは、絶対肉眼で見ていると確信できるのねん!・・・あれっ?

 それだけは肉眼で見ていると確信できるっちゅうことは、それ以外は肉眼で見ているとは確信出来んっちゅうことやんけ~!・・っちゅうことに気付いたのねん!なんちゅうアホやねん・・ワシ!


 結局でんな、サードアイかどうかも判らん・・進化してるのか、退化してるのかも判らんけんども、ファシレのおじさんは、ど~もその辺りでウロウロしなきゃならんように感じてるのねんよ。だから、逐一っちゅう訳には行かんけんども、どこかの「入会はこちら!」みたいなことをせずに、人体実験の結果判ったことを、時折書いてみようとも思っとるのねんな~。

 それに、多分そんなに遠くないうちに、山田一家ブログでも「閃輝暗点」についての考察が有るんじゃないかなと思うけんど、ファシレのおじさんも、それに近いらしく、時折暗いフィルターをサードアイの部分に感じてしまうのねんな~。だいぶ判って来たので、それについてもいずれ書けると思うのねん。


 この間寝てたらね・・、そう、やっぱり朝5時半頃かな~・・ウツラウツラしとったのよね~。したらば耳元で、

「・・とうとう・・」

と言う女性の声が、物凄くハッキリ聞こえたのねん!もうビックリして起きてしもうて・・・その後の言葉が全然聞けなかったのねん!勿論周りには誰もおらんのねん。1人で寝とるんじゃから・・


「とうとう・・その後は何なのねん!とうとうその時期が来た、とか、とうとう駄目になったか、とか・・一体なんなんだ~!主語を先に言わんか~!」

 そんな中途半端なことばかり起きるのねん・・蛇の生殺し状態なのねんな~。一体、ファシレに何をせいっちゅうねん!


 っちゅうことで、今までの音霊探し、脳トレに加えて、サードアイの探求に出ることにしたのねん。以後お楽しみに~。



「・・とうとう・・、サードアイの探求をする時期が来たよ・・」


じゃなかったら、どうしたら良いのねん・・・いや待てよ、そういやぁ・・


「・・・ファシレ・・」

っちゅう声も、昔、聞いたかもしれん・・。


「・・・述語は・・いつ聞けるのでしょうか?」


「「二百X十三番さん、二百X十三番さん!」

「はい・・ファシレの家です・・はい・・新井家のじゅんこさんですね・・今呼んで来ます~」

・・・


「・・あ、じゅんこ・・親父のその後だけど・・術後の回復が順調でね・・」


・・おあとがよろしいようで・・

「は~ぃ?・・ど、どなたですか・・?」




 またあの日が近付いてきた。でも何の気配も音も無く忍び寄って来た・・・のでは無い気がするのだ。この何日かの、とても平穏そうに思えるような暖かい日差しの中に、薄気味の悪い漆黒の暗闇と揺さぶられるような慟哭とが見え隠れしている。ファシレもまた、日常に紛れ込み歪んだトラウマを持った独りの人間なんだろうが、それにしてもこの空気感、漂う気配には、一触即発の前に見せる贋の平和的なものが支配しているように感じてしまうのだ。

「何も起きなければ良いが・・」

そう願わずにはいられなかった。



 少しセンチメンタルに始まっちゃいましたがいかがお過ごしでしょうか~?3月に入って関東は暖かい日が続いてるのねんが、何だかな~!・・・花粉に黄砂に化学物質に・・・っちゅうような不安定要素も含みつつ、未だダ ダ漏れの放射能は情報隠避されているような状況からいつの間にか原 発見直しの見直しだと、安寧な暮らしは難しそうでんな~。


 ファシレもこのところの忙しさと、情報精査に時間を取られて、パーペキな開示が出来ん状況で・・すんまへんな~!詳細が判るようになるに連れ、
「本当にそれで間違い無いか?」
「それを開示して問題無いか?」
などなど、結構な難問をクリアしないと何も書けない状況なのねん。判れば判るほど書けなくなる・・ドツボに嵌ってしまったのかもしれへんねん~!

 大体、人間なんぞは、生まれてから誰にも教えられずにやってしまうこと・・たとえば、

「息をする」

みたいなことに、大きな意味が有るのねん。息を吸ったり吐いたりするのは人間だけじゃないかもしれんが、人間が息をすることには、とても大事なことが含まれているんよ。ま、もっとも、こんなしょ~もないブログを読んでくださる方々は、そんなことには気付いてると思うけんどもね。

 だけど、
「息の吸い方、吐き方、その仕方」
なんぞ、誰にも教わってない。「歩き方」だって知らずに歩いてた訳だから、大人になってからデューク更家さんに教わった方を除いては、全て自己流だしょ?だけんど、そこにも大きな意味が有るのねんよ。


 それは、「意識」でんな。これには少なくとも二通りの意味が有るのねん。「そこを意識する」っちゅうのと、「意識をそこに置く」っちゅうこと・・。これは同じように思えて違うことなのねん。でも、普通に生活している限り、息を意識しながらするとか、意識をどこかに置きつつ息をする・・っちゅうのは、ヴォーカルだったり、金管木管楽器をプレイしてたり、ヨガをやったりしない限り・・無いのねん。


 じゃぁ、意識するっちゅうのはどういうことなのか・・それも重要なことなのねん・・。山田ブログでも「俯瞰」なんちゅう言葉が散々出てきたし、この音楽ブログ(!)でも良く出てきたのでここでは説明せんけんど、とても深~いことなんで、是非自問自答してみて欲しいのねんな。山田さんのブログの右袖リンクにある aquarians さんのブログも大いに参考になると思うのねんで、是非とも読んじゃってくんさいね~。ファシレのように砕け過ぎて読むにはちょっと恥ずかしい文章では無いのねんで、よろしく~。


 例えば息をどのように吸って、どのように吐いたら良いのか・・考えたことがあるだろうか?

「・・・そりゃぁファシレさん・・鼻か口から吸って吐くだけだしょ~?」

と答えるかもしれんが、

「浅~~い!」

と江川さん口調で突っ込まんといかんの~・・。

 それだけでも良いが、じゃぁ、

「どのくらいのリズムで、何秒に一回位、吸ってるの?吸ってるのと吐いてるのはどっちが長い?息を止めてるのは何秒?・・・会話の最中に息は・・」

「え~い!・・うるさ~い!」


 ほら・・・ね・・考えたことも無かったでしょ・・。息を意識したことさえ、そんなに多くないはず・・。走った後や運動後に、
「・・息切れしてる・・ゼエゼエ・・」
位のものだすな。ま、俯瞰・・でんな。


 でも、不思議じゃない?意識しないでも息をしている。血も流れてる。心臓も動いてる。食事をすれば胃も腸も動く・・意識しないで・・さ。


 意識して無くても出来てしまうこと、それを意識することは可也重要なのねん!以前のブログでも、ほんの少しだけ「ファシレ式呼吸」のひとつを書かせてもらったことが有るのねんが、

「脳トレが、意識を意識することから生まれる状態(次元)を最終目標にしているのに対し、呼吸を意識することは、意識していないことを意識することであり、どこかに意識を置いて呼吸をすることは、脳トレの呼吸版とも言える」はずなのねんな。細かく言えば、

1.通常生活において、意識することが不要な動作について意識してみる。
2.通常生活においては、やらないことを意識して俯瞰してみる。

の2点において、もしやってみたらど~なるのか・・っちゅうことでんな~。結果は判ってるけんどね。細かくは言えんけんど、少なくともそれまでの次元から少しズレることだけは確かかな~。


 まぁ、能力絶大なガイキチさんたちは、物質を変えてしまったり、遠隔操作や治療をしてしまったり、昔の偉人さんとお話して、現代に伝わる話しが、いかに嘘だらけなのかをファシレも聞いて知ってるのねん。ま、直接確かめる術は持ってはおらんけんどね。ファシレも、そうなりたい訳じゃ無いけんども、

「あれ・・・?これって・・?」
みたいな既視感・・デジャヴ的な感覚が無い訳でも無いのねんよ。

 つまり、ファシレが自身では、
「意識しないでやってしまっている、他の人には無い能力」
が有るような出来事が沢山有り、それを確かめるには、
「意識しないでやってることを意識する」
か、
「今までとは違うことを意識してみる」
ことで、知ることが出来るんじゃないかと思ってるのねんな~。



 ついこの間も、こんなことが有った。


 朝方4時頃に寝たのに、ガタゴトと物音がするのに気付いて目が覚めた。どうやら息子が帰ってきたらしい。まだ暗闇から、僅かに早朝の明るさが忍んで来た頃・・。クセで左側向いて寝ていたらしい。

「一体、何時に帰ってきたんだ・・?」
と、視線を上げて机の上の時計を見ようとして・・


「は~ぃ?・・ど、どなたですか・・?」


と声を出してしまった!

 なんとそこには机の上に乗った、フランス人形のような子供が、ファシレを見下げるようにしていらっしゃったのだ!・・本当に人形のようにピクリともしない。顔はフックラしていて、メンソレータムの写真の子供のように、旧式の白い看護服を着ているようだった。

 動かないでファシレを観ている・・でも数秒後、その輪郭が徐々に薄くなってきた。

「あれっ?・・いなくなっちゃうの?」
と思い、
「・・まさかこれも夢じゃないよな?」
と、机の上の時計を見ると朝5時35分。・・・そうだ、以前に奇妙なクルクル回る物体を見たときもこの位の時間だった。隣の部屋では息子がまだガタガタと音を立てて何かをしている。

「やっぱり・・夢では無い!」

 そう確信した時、彼女は消えた・・。そして戻らなかった。



 まぁね~・・こんなことばかりなのねん。UFOを見た時だって、真昼間の2時。それもおそらく10分ほど格闘していたのねん。山田さんも、ファシレが見たことには懐疑的だったのねんが(UFO自体には懐疑的ではないのねんよ)、この間の波動講習会では山田さんも初めて見て・・すっごい興奮してたのねん!アルザルのことは覚えてるくせに~!


 そんなこんなで、決してファシレもブログを引退した訳では無いのね。余り精査できてないけんど、色んなことが判ってきた。いずれ皆さんにも言える日が来ると思うのねんな。なので、時折ブログに遊びに来ておくんなまし~。コメントしてくれると嬉しいでんな~。では今日はこの辺で・・・バイナラ~!アディオース!チャオチャオ!


騙すよりも騙されろ?・・でいいじゃん!の巻




 いつの間にか2013年も正月を過ぎたのねん・・。何も無く未だに無事に済んでいることにスピ系の方々は、もしかしたら違和感を持ちつつも、前に進もうとしていると思うのねんな。マヤ歴の終了と同時に起きるかもしれない破滅的な出来事を少なからず想像していたのだから、何も無くて良かったという気持ちもあり、アセンションはどうなるんだ?という新たな疑問有り、まだこれからも気を抜くことなく生きなくちゃ・・などと、ごった煮のまんまの気持ちでいるかもしらんよね。

 でも一方では、

「マヤ歴が終る?・・何それ・・じゃぁ、カレンダー買ってくればいいじゃん!」

 みたいなノリの方々が大勢・・いや、大方いらっしゃったのも事実なのねん。その方々にとっては、別に何も普通の年末だった訳だし、2013年のお正月も、とても目出度いけれど、例年に比べて特別な「何か」が有ったとは言いがたいかもしれんよね。


 ところで話しはかなり飛ぶけんど、正月休みも終ったころ、ふぐり玉蔵氏と会ってたのねん。山田さんと小麦ちゃん、そしてファシレ。玉蔵氏とは二度目だったけんど、それなりに深く話したのは初めて。中々に若々しく、グッドルッキングな男性だした。がんばっとるの~!

 色々話しを4人でしてた。で、玉蔵氏のブログは良く巡回しながら見ていたけんど、

「そういや、玉ちゃんのこと、検索したこと無かったな~」

と思いつつ、検索を掛けてみて、アチコチ見てたら・・・凄いびっくりしたのねん!年齢詐称疑惑とか何とかで話題になったことが有ったのは、氏のブログでも判ることだけんど、やっぱりもの凄くアチコチで叩かれてたのねん!


「・・・騙されてた!ブロ友やめます!」
に始まって、詐欺師疑惑、そして個人情報収集疑惑?・・、疎開村放置疑惑?・・出て来る出て来る!すっごいのね~!

 おまけに、昨年の疎開村ライブでは、山田さんは玉蔵氏のSPになっておって・・、それにはマジ笑ったけんどね~。ファシレはライブには参加はしとらんけど・・

「そんなへなちょこSPの姿は、是非見たかったのねんな~!!」


・・・いや、そう書いていた方を責めている訳じゃないのねん。思った、感じたことを素直に書いただけなのねんな、きっと。とてもピュア~な心の持ち主さんなんじゃろ~な~と思ったのねん。だから、少し遠くに感じた玉蔵氏に違和感を感じたのだろうし、そばにいた山田さんを仁王のように思って、SPと表現したのかもしれんね~。あ、検索してたら山田=玉蔵疑惑っちゅうのも有ったのねん!・・すっげ~!・・まぁ、出る杭は打たれるっちゅうことでんな~。


 玉蔵氏も、山田さんもそうだけんど、ファシレの立ち位置で見てると、理想を求めて実際に動いてるのねんな。それも安定した今までの立場を捨ててね。生活して行くことを考えれば、ちゃんとお給金なり商売なりをやって、それなりのオゼゼを稼ぎつつ、その上で、別のことをやろうと・・思うはずなのねんな。でも彼らは違うのね。もう、そんなことは捨てちゃった感がバリバリ・・なのねん。

 もちろんね、この世界で生きて行くには、それなりのオゼゼ=マネーが必要なのねん。でも、それが第一義では無いことを自分の行動で表しちゃってるのねんな。そこを判ってあげないと、大きな誤解を生むと思うよん。

「・・・わたし、騙されていた・・そんな人だとは思わなかった・・」
なんて悲劇のヒーロー、ヒロインの世界に入っちゃうのは駄目なのねん。


 まぁ、こんなことを書くとファシレのおじさんブログが「炎上!」になるかもしれんけんど、ファシレも別に何の見返りも求めてるつもりは無いし、いざとなったらブログを閉鎖すれば良いだけだから、痛くも無いのねん・・。何でそんなことが判らんかな~と、詰まらんことを書き込む方に対して心は痛むかもしれんけんどね。

 玉蔵氏が裸で褌姿の年寄りを語ってブログをやったのはエンターテイメント性をそこで見せたっちゅうことなのねん。男バンドで白塗りして口紅引いて、女の子の格好で演奏するのとさして変らんのよ。ただその格好で、時々「ひゃっはー」しながら、みんなが気付き辛いことを真っ向から唱えただけ・・。格好だけ見ればイロモノバンドねんが、演奏はビックリするほど音楽的でテクニックも凄かったっちゅうこと・・。そして誰も見捨てたくなかったのねんな~、きっと。それがパワーの源で、どんどん新しいことをやってるのねんな~。


 山田さんもきっと同じなのねん。思いがけず「へんてこなパワー」を得てしまって、さてど~しよ~・・俺は狂ってしまったか~?から始まってるのねん。・・でも少しずつ精査していったら、どうやらこれは俺のお役目なんだっちゅうことに気付いたのねん。本当に世直しが出来るかどうか判らんけんど、前に進もうとしてるのねんな。一寸先はどん底・・でも未来を見据えて振り向かずに突き進む!それがもう自分の楽しみになってるのねん。激マゾでっしゃろ~?・・玉ちゃんも同じなのねん!この二人は・・ホントおかしいのねん!


 もしかしたら終末予言に騙された・・と思ったかもしれない。でも、今月はアルジェリア人質事件で大勢の日本人が巻き込まれ、とても残念なことになってしまった・・。あなたの次元では何も起きなかったかもしれんけんど、巻き込まれた方々の次元では、この世のものとは思えない体験をされたのねん。有り得ないと・・思っても、どうにも成らなかったのねんよ。そんなようなことが自分や家族の身に起こり得ないと、誰が言えるのかなん?

 事件に巻き込まれた方々、家族の方々には深く哀悼の意を表します。


 辛かったね・・・。だからこそ前を向いて進んでいかなくちゃいかんのねん。だからファシレも出来る限り応援するのねん。だから判りたいと思うのねん!

 攻撃するのは防御よりも簡単よ~。だから防御しなくちゃいかん状況に持っていかない方が人間は楽なのねん。だけど、敢えてその道を進まないと先に行けないこともあるのねんな。ファシレも「音」で貢献したいな~と思ってるのねん。できるだけ判ってあげてちょうだいね。ではでは、ばいなら~!アディオ~ス!チャオー!またね~!








どんだけお目出度いんだ~!・・明けましておめでとうございます~!






 あっと言う間の正月も開けて、飲み疲れも何となく引き摺ったままの仕事に家事に精を出し始めた皆さん・・、それでも「おめでとうございます!」と言っておきたいのねんな~。

 「おめでとうございます~!」

 まぁ、いつもより多く回している訳では無い(・・意味不明だしょ?)のだが、それにつけても、天皇誕生日の休日は神道的なお祝いを頭におきつつも休日を楽しみ、翌日にはクリスマスでいつの間にか束の間キリスト教徒に変身して恋とケーキにありつき、仏式な除夜の鐘を心地良く聞きつつ神妙に蕎麦を喰らい、生まれた土地が生んだ味の「雑煮」を心新たにしたつもりで食べて・・・古来よりの神々には都合の良いお願い事を聞いて貰いに初詣に出かけてさして美味しくない屋台のお好み焼きを食し、休息ならぬ休暇を飲みに飲んで過ごす・・・。

 「お~い!わしらはどんだけお目出度いんだ~!」
っちゅうのが正直なところのファシレの気持ちなのねんが、

 キリストも天皇も釈迦も・・キリスト教も神道も仏教も、全て良いように解釈して生きてきたのが日本人なのねん!



 それにキリストさんもどうやら12月生まれじゃないっちゅうのは常識らしいけんど、それでもクリスマスの日程は変らない・・。


「ま、実際、日本人だけじゃ無いの~!おめでたい連中は!」



 ファシレも去年はいきなり音霊探しの旅を始めることになってしまって、

「・・・どんだけ~!」
「・・・似合わね~!」

 みたいな妙な感じだったのが、とんとん拍子に検索が進んでしまって、ファシレ自身も驚くような10億分の1ヘルツの音を見つけてしまった!実際、その音が10億分の1ヘルツずれるだけで、人の感覚は変ってしまうことにも気付き、それを何とか、ある形には出来た年だったように思うのねん。だから、それをこれからも追求して行くことも出来るかもしれんのねん。・・でもさ、そんなことだけをやっていて良いのかな~っちゅう気持ちも在るのよ~。


 スピ系サイトではまるで常識のように言われていたし、確実にそのようになる・・とさえ言われていた、マヤ歴が終わる日。つまり2012年12月22日・・いや、21日か?・・どっちでも良いが、結局は大破局は起きなかった。暗黒の3日間が有り、ポールシフトが起こるんじゃないかとか、・・だすな。

 ファシレも、
「そんなことは起きないだろう」
と高をくくってはいたものの、

「・・もしかして・・万が一・・」
の部分を抱えつつの生活だったことは否めないのねん。それはちゃんと認めなきゃいかん・・。

 ただしね~・・。あの震災前の時のような、ジリジリとした焦燥感が全く無かったのよ~・・。あの何とも言えない圧迫感がまるで感じられなかったのねん。だから、やっぱり2012年12月の大破局は無いと勝手に思っていた。・・・それでも自分の勘?が外れることも想像されてしまうのが人間なのだすな~。


 ところで過去記事、「 9/26朝、集合意識の大変革!」でも書かせてもらったのねんが、何とも科学的では無い出来事・・つまり、朝起きると目の前に得体の知れない物体がクルクル回っていた件ですな~。ファシレの中途半端に長い人生でも初めての出来事だったので、そりゃもうびっくりしたのなんのって!・・で、皆さんに聞いてみたら、

「それはね、集合意識の大変革がその時に起きたからさ~!」
と、軽~くいなされた?・・いや、軽くは無いのだろうが、ガイキチの皆さんにはフツーに起きているようなことの類似事件に過ぎない感じに思えたのねん。ファシレはそんなこと、全く判らんからの~・・。

「そうなのかー!」

と思っていたのねん。


 でも昨今、
「いや、・・違うな・・」
と思うようになってきた。

 確かにあの時、集合意識の大変革は、まさにドンピシャのタイミングで起きたんだと思うのねん。でも、ファシレに起きたあの異様な物体の目の前クルクル事件は、

「集合意識の大変革によって起きた特定の誰かの変革によって、ファシレに放たれた何かしらの術の残骸・残像」
じゃないか!と思えるのねん・・。

 でもじゃぁ、その特定の誰かとは・・誰か? と言う興味本位の問いに対しては・・

「・・何も判らんちん・・」
としか答えようが無いのね。ただただそんな感じが段々強くなって来たし、あの奇妙な、やや悪意を織り込んだ表情が頭から抜けていかないのねんな~。

 さりとて、ファシレが自分の軸を見失ってしまっていたりはしていないと思うし、何も変ってはいないと思うのねん。特定の誰かというのが、人間なのか、それとも異次元のものなのかなども判らんしね。第一、何でファシレにそんな術を掛ける必要が有ったのかさえ思いつかないのねん!


 まぁ、ガイキチさんたちと話していると、
「絶対ファシレさんは高次と繋がってるよ」
と言われるのだけんども、自分ではそんな印象が全く無いのねん。ただし、印象が無いにも係わらず、判ってしまうことが時々有るのねん。つまりは、もしかしたらちゃんと繋がっていて、色々ご指導いただいているにも関わらず、その繋がりを意識できない鈍感なやっちゃ・・と言うことになるのねんな~。

 だからもしかしたらあのクルクルも、自身の感覚が正しいと・・・思っちゃってるのねん。

「誰なの~・・!・・やめて~・・ひどいことしないで~!」
と言いたいのねんが、取り合えずクルクルが見えたっちゅうことは術に掛からなかったっちゅうことで、それを見えないように出来たっちゅうことは、ひとまず危機は脱したっちゅうことだと、良い方向に考えようと思うのねん。


 それに、どうもこのところサードアイが時々開くような感じが有って、山田さんに聞いてみたところ・・どうもそれは正しいらしい・・のねん。余り無理にやると精神をおかしくしかねないらしいので、自然に任せるのが良いらしい・・。音霊探しの旅に出て、いつの間にか「脳トレ」なるものを改良していて、自分でも結局しょっちゅう「脳の使い方」を意識するようになったからかもしれんね~。見えりゃ良いっちゅうもんじゃ無いのだろうし、でも見えないより見えた方が良いのは確かだし・・繋がった先、見えたものの精査をどうするかっちゅう問題も有るのかもしれんし・・まぁ、まだ何もそこから引き出したことは無い(・・いや、つもり?)ので、自然に任そうと思っちょるのねんな。


 で、実はサラリと本質を書いてしまったのねんが、皆さん、何のために脳トレをやっているのか・・を見失ってはいないかな~・・と思うのねん。

「好きな音楽をサラリと聴けるようになる・・」
「音が覚えられないから覚えられるようになる・・」

っちゅうことでは無いのよ~。

 やっぱり大きい視野で見た場合の、「ウェイクアップグループに残る」っちゅうことと、「脳の使い方を覚える」=「倭人脳を使う」っちゅうことなのねん。その結果として、色々な事も起きるかもしれんよ~っちゅうことで、ファシレが人体実験してるのねんな~。・・いや、今でも真面目に脳トレしている人もそうだと思うのねん!


 2012年9月26日朝に集合意識の大変革が起きたのは事実だろう・・。でも、集合意識の変化はその後も何度か起きていて、例の2012年12月22日にも・・人それぞれのタイミングはズレズレでも、確実に起きたと思うのねん。政権を奪還した自民党もそう。奪われた民主党も。そして卒原発・脱原発も、集合意識の中で変革している。それに、12月22日に重きを置いていたスピ系の人々の集合意識も大変革したはずなのねん。

 でももし、

「あ、もう大破局なんか無いんだ・・。私は騙されていただけなんだ・・。」
と少しでも思うのなら、脳トレの効果も、今まで育んで来た魂も、全く成長していないことになってしまうと思うのねん。

 だってね・・自分自身だって、集合意識にはしっかり参加していたはずなんだよね。「もうこんな世の中、嫌だ!」とネガティブに思ってしまえば、それを利用しようとする悪い輩や、良いベクトルに変えて行こうとする人々と否応無しに結びつく。やってしまったことも、やらなかったことも、悲しんだことも、喜んだことも、そんな感情や意識全ての尻拭いを他の人に押し付けてしまうことになっちまうだしょ・・。ただただ信じていただけだしょ?何とかしたかったんだしょ?・・次元上昇は良いけど大破局は嫌だ、愛する者たちと一緒に生きたいと言う集合意識が働いた?・・・いやとにかく何とかなったんだ!と・・そんな風に思えればそれでいいじゃない。

 あの醜xな顔を取り繕いながら何とか他人の責任にしつつ暖かい倭人の心を持つ者たちを騙し続ける政x家さんと、同じにはなりたくないよねん?


 それに震災も福島の事故も何ひとつ解決していないし、今もまだ高レベルの放射能をダダ 漏れさせていることには変りは無いのねん。大破局は、今まで震災後には起きていないだけで、この瞬間にも起きる可能性も有るのねんよ。自分が騙されていたと思ってしまうのなら、それはとても残念なこと・・。騙されているとも思わずに、素直な気持ちで被災者被災地を思い、出来ることをしてきたことこそ、素晴らしい倭人の心じゃないかと思うのねんな。困っていたら助け合う・・もちろん被災者にならなかった自分や家族を破局に追い込んでまではなかなか出来ないとしても・・それでもそんな気持ちを皆持っているとしたら、それこそ集合意識が世の中を変えると思うのねん。つまり、和合・・でんな。判り合って交わり合うこと・・それが国民性でも有る・・だってさ、クリスマス、除夜の鐘、お正月でっせ~?日本人は単一民族?・・それこそが大衆をコントロールするための大嘘だっちゅうことに、そろそろ気付こう!

 なんかな~。ファシレらしくない感じのブログになってしもうたんやが、言いたいことを聞いてもらってスッキリしたのねん!・・ではそのうちにまた~!バイナラ~!アディオ~ス!チャオ!



プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。