広告がじゃまなもんで・・






久し振りの新規記事になってしまって申し訳ない・・何とも忙しくてにゃぁ・・・んにゃんにゃにゃん・・どうにもならんのねん。

 そうは言ってもこの時代の流れっちゅうかなんちゅうのか、どうもね・・混沌としたカオスに向かうと言うようなイメージを受けてしまうのねんな~。それは各々の「対決姿勢」・・っちゅうかね・・・。

 ま、このたびの安保法案なんちゅうのも、モロにそんなもんでね。確実に大陸の某大国を意識した「対決姿勢」をどう取るか・・みたいなね・・。どこかの首相さんは大半の国民の反対なんぞ、関係無いのねんな~。何せ、国内の根回しもせんで、まんずは米の国で、

「集団的自衛権発動の(安保)法案、通しまっせ~!」

と宣言しちゃうのねんで~。


 国民の方が「唖然」でんがな・・。どこの世界に国民が納得しない法案を通す民主主義の国があるのねん?・・そらぁ、ファッショでんがな~。ま、ハワイは米の州を構成しとるけんど、わが国は州にも成れん属国っちゅうことでんがな・・。大きな星条旗を天眼鏡で良く見れば、どこか隅っこに赤丸が描いてあるのとちゃう?

 ま、そんな東洋の端っこの国は良いとしてもね・・・。大陸の西の方はもの凄い状況になってきたのねん。お人良しの日本人は、対岸の火事のように感じとるのねんけんども、こりゃぁ、ほんま、一大事なのねんな・・。ヨーロッパ旅行とかね・・カッパドキアが見たいとか、言ってる場合じゃぁ無くなって来たのねんよ。

 これもね・・某大国の某大統領が、イラクを攻撃して滅茶苦茶にしてくれた性なのねんけんども、シリア難民が何故かドイツを目指し、大移動をしてるのねん。

 やっぱり、国内におれん状況になると、何とか脱出せんといかんのねんが、それでもまだ大陸はね・・地続きなのんで、何とか脱出できるのかもしれんね。参議院の元某タレント党首さんは、

「原発がミサイル攻撃されたらどうするのか?」
「その場合、どれだけの被害を想定してるのか?」

と質問しとったけんども、国側も普通に正直に答えりゃまだ良いものを、

「想定外の被害は想定しない」

みたいにね・・例の福島原発事故を想定していなかったのと同じように、全く「まともには」答えようとせんのねんな~。


 ま、稼働中だろうがお休みしとろうが、原発にミサイルが突っ込んだら国民はどこにも逃げようが無いのねんからね~。まぁ、本当のことを答えようが無かったのかもしれんけんどもね~。

「そうされないように安保もパトリオットもやっとるんだろうが!」

っちゅう気持ちなのねんが、原発が無きゃぁ、原発を攻撃されることも無いのも事実なのねんな~。

 ま、「我が軍は・・」 なんて平気で口走るお方が首相で、誰もそれを咎めようともせんのだから仕方ないっちゃぁ無いのかもしれんね~。
 でね・・ドイツを目指すシリア難民だけんどもね・・当然ながら難民全員が真っ当な難民のはずが無いのねんな~。そりゃぁ誰でも簡単に判ること。当然ながらイスラム超強硬派っちゅうか、ただの戦争好きな連中のISの「シード」が仕込まれてるのねん。ヨーロッパはいずれ・・哀愁に包まれることになるのねんな・・。

 しっかし、こんな流れを人間は延々とね・・太古の昔からやってきたのねん。日本人もそんな「難民」だったとも言えるし、現在の日本人の大半はそんな難民の子孫なのねん。まだ大陸に住んでおったらね・・何とか行き場も有るのかもしれんけんど、この島国じゃぁね・・まるで、

「地球は丸くない!」

を地で行くように、端っこから滝のように落ちて、みんなして地獄に行くのかもしれんよね~。地獄じゃなくてアガルタなら良いけどもね~。そんなことを言うと、モロスピみたいで何とも嫌だけんどもね~。


 ま、真面目な話し、非常に厳しい状況に突き進んでると思うのねん・・。この10月、何か起きんと良いけんども・・。

 ちゅうところで取りあえず・・1カ月更新無しだと出てしまう「広告消し」の記事っちゅうことで・・。そのうちちゃんとした記事書くのねんで・・よろぴく~!ではばいなら~!

スポンサーサイト

2012.08.14 @鶴見 つるみ、音霊発見?・・いや、ついに!?




 何時の間にやら・・どうやら・・やっぱり・・どうしても・・やらなくちゃならないようで、皆さん、「発声とトレーニング講座」でお会いしましょう・・なのねん。

 この、どん詰まりの、正にギリギリのタイミングで、何か凄い達成感もちょこっとだけ有る感じの「音霊」を発見してしまったようなのね・・いや、かもしれないのね。


 これはきっと、

「鶴見に来てくれた人に紹介しなさい」

と云うことなのねんかなと。


 ブースに来ていただいた方には、とっとと聞いていただくことも可能なように準備したいと思ってるのねん!でも状況によってはしばらく封印するかもしれんのねん!・・なので、

とりあえず今のところは「鶴見ご来場者限定」で・・。よろぴくなのねん!ではでは!

詳細はこちらまでどうぞ。
http://furiene.blog.fc2.com/

脳トレ解体新書 身体編 ファシレ玄白 第二巻






ブログ開設2ケ月記念

 耳コピ解体新書 ファシレ玄白 第一巻 の発行から幾年月。第二巻の創刊を心待ちの方に捧ぐ第二巻は、難解な耳コピから離れて、身体が音にどのように反応するかのおおまかな理論を記述したい。ただし、あくまでファシレのおじさんの感覚的、感性的な経験に基づく「推論」で有り、「個人にのみ当てはまり他人には同調しない可能性」も秘めたものである。また、推論で有る以上、訂正も有り得る。

 それに、小難しい事を考えたくない方はスルーして貰って問題無い。次の記事をお待ち下さい。

■総論
 人間の身体は「気」の振動を音として感じる事が出来、それを脳が理解する。また、脳は音(周波数)により身体のあらゆる部分を受容体(センサー)として、また、脳は音(周波数)により能動的に身体のあらゆる部分を知覚できる。ひいては、脳は身体のあらゆる部分と、体幹部分+周囲を通じて接続しており、また、視覚的に捉えられない身体部分とも繋がっている。つまり、超フレキシブルなセンサー&能動体の集合体が人間の身体で、意志・脳がコントロールしている。

■ 縦軸1
 身体の各部分、特に骨によって分割されるパーツは、すべて1オクターブ(12音)の帯域に対応している。その場合、ギリギリでオクターブ音を含まない。オクターブ内各音と隣の音内に入れ子が存在する。

 例えば首の部分、頭蓋と上半身の付け根部分は、ちょうど1オクターブ(ギリギリ未満)に対応し、脳が把握している。そして、ドからド#、レ、レ#、ミ・・・シと上がって行くと、上半身と首の付け根がドになるし、ドとド#の間も入れ子になっていて、ギリギリ1オクターブで対応している。当然、レ#とミ、ミとファのように、全ての音の間も同様である。

 また、胴体だけ、下肢だけを取っても同様のことが言える。
(なお、区別のために音名を書いているが、指定の際には音名は必要無い。また、音階と書いているが周波数による調、倍音だけが有る。最終的には周波数値だけが有り、また意志が発動する場合、脳は周波数値が示す音程を想像するだけで事足りる。)


■ 縦軸2
 (眼に見える)身体全体(全姿)は、ちょうど2オクターブ(ギリギリ未満)、またちょうど1オクターブ(ギリギリ未満)に対応している(当然ながら4オクターブでも取れる)。「唄を歌うということ(音痴矯正バージョン?)」で発表した表、



 は、1オクターブで表される 頭部+胴体にプラスして、1オクターブで表される下肢音階(後述)の場合だけにおいて、間違いではない。

 ただし表の、尾骨 root から 頭頂 8th の部分だけを以って、これが正しいかと言うと、胴体のみが1オクターブで表される音階(後述)と、頭部+胴体=2オクターブで表されるもの、下肢+胴体+頭部=1オクターブなどが、「混合」してしまっている。間違いとは言い切れ無いが、同じ音列上には無いので正確では無い。また、下肢上部+胴体+頭部でも1オクターブで表せるため、混信しているとも言える。

 胴体だけでも1オクターブ(ギリギリ未満)に対応しているが、頭と胴体を合わせた場合も1オクターブ(ギリギリ未満)に対応している。胴体だけの場合と、頭と胴体を合わせた場合などの対応各音(周波数)は必ずしも一致しない。

 すなわち意識は、連続したパーツを「ひとつ」として認識し、そこに「調」(音階・キー)を設定することが出来、周波数による感知、操作が出来る。正確な表は後日公開する。


■ チャクラ
 身体の各チャクラは、自然律とも言うべき、純正律音階に似通った形で縦軸に対応している。既知のチャクラは7つ~8つとされるが、実際はもっと沢山有る。足裏(土踏まず中心)、アキレス腱、ひざなど、下肢にも存在するし、両手(中心部)、ひじ、肩など腕部分にも存在する。

■ 横軸
 各チャクラを中心として、ちょうど左右各2オクターブ(ギリギリ未満)、計4オクターブ(未満)、横軸を感じる事ができる。ただし、左右1オクターブギリギリ未満)が体内で、それ以降は体表に有る。

 つまり、胸のチャクラの中心をソ(G)とした場合、左体表までが1オクターブ下のソ(G)であり、右体表までが1オクターブ上のソ(G)である。これは各チャクラに同様に言える。(ただし、各音の間に入れ子が有る)

 手については、手のひらを下に向けた状態、親指が内側を向いた状態で、上記に当てはまる。また、両手をひとつのパーツとして見る場合、片手のみをひとつのパーツとして見る場合、それぞれ上記同様に当てはまる。足についても同様で有る。

■ 深層脳とチャクラの考察
 脳内で縦軸の音階を想像し、さらに縦軸の音に対応した横軸の音を想像することによって、深層脳を使わざるを得ない状態になるはずである。また、脳内で縦軸を想像する際、高い階層からスタートする(可能な場合に限り)ことにより、さらに深層脳開発になるはずである。

 横軸の展開ポイントがチャクラであった場合、横軸の音階を脳内で想像することにより、チャクラの活性化に繋がるはずである。(徐々に実施予定)
プロフィール

NSY3

Author:NSY3
 何でこんなに判らんことが多いのかが良く判らん!その判らんことの答えを探して旅に出たつもりが、その答えも見つからんうちにもっと判らんことの答えを探す旅に出ることになっちまったい・・・
不徳の致すところでございます♪♪またまたどちらに「おでかけ・・レソか?」今回は夫玉を探しに・・、おっと~!違った、音霊を探しにおでかけレス!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

aquarians

アギタの神が住む鎮守の森

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR